新刊。お知らせ。

001003_210月3日新発売、鎌倉のインディーズ出版社・港の人から四月と十月文庫7『理解フノー』…クリック地獄

古典的名著、獅子文六『食味歳時記』中公文庫から復刊。解説を書きました。…クリック地獄

◆HP「ザ大衆食」はこちら…クリック地獄
◆連載中 東京新聞、毎月第3金曜日、「エンテツの大衆食堂ランチ」…クリック地獄
◆連載中 美術同人誌『四月と十月』4月と10月発行、「理解フノー」…クリック地獄
004005◆『大衆めし 激動の戦後史:「いいモノ」食ってりゃ幸せか?』ちくま新書から発売中。よろしく~。もくじなどはこちら…クリック地獄
◆好評『SYNODOS-シノドス-』――『いいモノ』食ってりゃ幸せか? われわれはみな〈社会的〉に食べている 五十嵐泰正×遠藤哲夫は、こちらでご覧いただける。…クリック地獄

通常のエントリーは、この下↓からになります。

|

2018/08/20

テクノロジーとエネルギー。

きのうふれた『談 100号記念選集』をパラパラ見ていたら、石毛直道と樺山紘一の対談「ガストロノマドロジー事始め」ってのがあった。

ずいぶん大層なタイトルだが、談の編集長は、こういう学術風のタイトルの付け方が好きなのだな。もっとも『談』という雑誌が、学術ミーハーな雑誌なのだが。

「ガストロノマドロジー」って、なんだ、と思って読んでいくと、ようやっと半分もすぎたあたりであった。石毛さんが、こういっている。

「美食の歴史でガストロノマド、いわゆる美食遍歴というのがありますが、ヨーロッパのレストランの中でもイン(inn)やタバ-ン(tavern)など旅行に関わりのある食事の場所がたくさんあったわけですね」

ということで、どうやら「ガストロノマドロジー」ってのは「美食遍歴学」ってことで、もっと平たくいえば「世界美食ツアー学」てな感じ、といったらよいのかな。

樺山さんは「今は食材の方がツアーしてくるのですが」といっている。

この対談ツアーは、古代から現代、洋の東西にわたっているが、この初出は1996年2月発行の『談』53号だから、読んでいると、この20年間の移り変わりを実感する。

とくに世界的に見ても、いわゆる「エスニック料理」の台頭が、その地域の経済発展と共に盛んになったわけだけども、この対談の段階では、まだフランス料理と中国料理が軸になっている。

でも、変わっていないこともあるわけで、日本料理に関する、こんな話しなんか。

石毛 (略)それから素材のおいしさをそのまま出すこと。もちろん日本料理も人工だけども、その人工性をなるべく表に出さないようにする。その意味で、日本料理は反文化的な料理のわけです。

樺山 前文化的というか。

石毛 でもそれはぜいたくな料理なんです。

(略)

石毛 結局、日本の料理というのは野蛮なんですよ。その野蛮さを洗練化した。(略)

なかなかおもしろいのだなあ。「野蛮さを洗練化した」

この場合の洗練化とは様式化とイコールだと見てよいだろう。野蛮さを捨てないで洗練化する。おれは野暮を捨てないで洗練させたいと思っているのだが。

樺山さんが、魯山人の美について「あれは苦行的、閉鎖的な美の体系でしょう。通でないとわからない食味だとか料理術だとか、閉じ込められた集団の中でもって食の美があるというのは、むしろ明治以降の東京には合いやすい考え方ですね」といっているのが、おもしろい。

これは、「東京」というより、東京の中央の文化といえるだろうなあ。エラそうで閉鎖的で抑圧的である、それは日本の中央文化の特徴で、そういう「美の体系」は、出版業界あたりでは「文学」と共に、なかなか威力を持っているんじゃないですかね。ま、だいぶ衰弱がすすんでいるようではあるけれど。

そりゃそうと、「食とセックス」ってことで、こんなことをいっている。

樺山 そうですね。(日本人は)実質はおとなしい食生活、おとなしい性生活をやっているんだと思いますね。聞けば日本人はラブホテルで若いカップルでもシャワーを浴びてからセックスをするという。ヨーロッパ人は違う。やはり臭いが残っていないと、食欲がわかないということですかね。(略)

石毛 その代わりというか、一方で日本人の性に対するテクノロジーというのは、向うの連中から言わせたらものすごいものがある。

樺山 こちらテクノロジー、あちらエネルギーという気がしますね。

石毛 それは的確な言い方だと思いますね。だいたい日本人全体がそうなんですよ。

樺山 身も蓋もないけれども、こちらはエネルギーがないからテクノロジーでやっている。食だってそうですよ。彼らは基本的にたくさん食べますよね。というか、たくさん食べることに出発点がある。

石毛 たくさん食べて、そしてセックスもと。常にパラレルになっている。

といった話をしながら、対談は終わりに近づいていく。

石毛 (略)食と同様、性につても、今までの延長線上ではなく、もしちゃんとやるつもりなら、やはりフィールドワークをしなければならない。(略)ある程度の体験をもっていないと、筆力がついていかない。

樺山 そうですね。しかしこれはよっぽど若くして始めないとだめですね。

石毛 耳年増の性の話なんていうのはね。

樺山 もういくつも聞いたけど聞き飽きました。

石毛 年齢の問題があって、もう私の歳ではちょっと無理ですね。

樺山 気がつくのが遅かった。

石毛 先に性からやればよかった(笑)。

これでオワリ。なんですか、これ。
ま、学術的な話だからといって気取ることはないけどね。
おやじの愚痴で終わる「ガストロノマドロジー事始め」でした。

石毛直道 1937年生まれ。
樺山紘一 1941年生まれ。
おれ    1943年生まれ。

若者よ、気取るな、発情したまま丼飯を食らえ。

|

2018/08/19

東日本震災以後の理性的な「思考停止」。

おれがツイッターを始めたのは2011年の2月のことで、3月11日の東日本大震災のちょっと前だった。大震災のあと、いろいろな分断や亀裂が生まれたり表面化して、自分と異なる考えなどに一撃を加えるのに「思考停止」という言葉がよく使われるのをツイッターで目にした。

相手に「思考停止」と言ってしまえば自分の勝ち、てな感じで、お互いに相手を「思考停止」と言いあっている「思考停止」を眺めていると、では「思考停止」じゃない人はどこにいるのだろうと思ってしまうのだが、「思考停止」という言葉がこうも使われるようになったのは、ツイッターが普及したからなのか大震災が何かしらのキッカケになっているのか、よくわからない。

とにかく、自分は思考停止ではないと思っている人が大勢をしめているらしいのだ。

そもそも「思考停止」って、なんだ、どんなことを指しているのか、ということでインターネットで探ってみると、まあ、みなさん勝手にいろいろ言っている。ようするに、「思考停止」を説明しながら、自分は思考停止ではないということを主張したいだけとも読み取れる。

よく考えてみると、「思考停止=悪」という考えこそ、思考停止ではないのかなあと思ってしまうね。

なんだか思弁的な言葉を使い思弁的なことを言っていれば、思考停止してないかのようなポーズもある。

そして、思考というと、やたら「理性的」なふりなのだ。つまり、「思考=理性」みたいな思考停止も見られる。

考えるときは理性的に。そうなのか。いいのか、それで。

自分は思考停止ではない、だから正しい、みたいなの、けっこうコワイ。まんじゅうコワイじゃなく、ほんとうにコワイ。

「思考停止」というレッテルを貼りながら、反証可能性、反論可能性を否定する、そして自分は絶対神に近づく。おお、神様仏様。ま、単なる狭量なだけじゃねえかという感じだけどね。エラそうな、カッコつけたゲンロンが多いってこと。

大衆食堂のめしを食っていれば、「思考停止」になりません。というのは30%ぐらいは嘘だけど。

ってことで、本日は、『談』91号(2011年7月号)に掲載の「理性主義を超えて……思考停止からの出発」という文章を読んでいる。「思考停止からの出発」ですぞ。

談編集部による『理性の限界』の著者高橋昌一郎へのインタビューだ。『談』100号記念選集に収録されている。

「理性主義、理性信仰がますます強固になっているという感覚、それに対する朧げながらの不安、危機感が、一般にもかなり共有されている」「それがまさに三・一一大震災によって現実化し、理性・科学に対する信頼が大きく揺らぐことになりました。ここで改めて、理性主義の限界について考えてみたいと思うのです」と、インタビューは始まる。

インタビューのなかで、高橋さんは、「私は「科学と民主主義」が無意味だと言っているわけではない。そのどちらも人類が導いた最高の成果なのですが、全幅の信頼を置くような対象ではないことを実感すべきだと申し上げているわけです」と。

それはそうだとしても、現在の日本の「科学と民主主義」の実態は、あまりにもお粗末だというのが、これまた大震災後に現実化している。

だから、大衆食堂ぐらいの思考が、丁度よいというか必要といえるのだな。

ようするに、絶えず人間(自分)の限界を知っておくこと。人間(自分)を過信することから「思考停止」は始まる。ってことか。

|

2018/08/18

ぶらっと通俗的な温泉散歩。

1001

1006

1021_2

きのうのこと。朝8時半ごろ、思い立って、どこかへ行こうということになった。といっても、いつものように、手軽に楽しめる大衆食堂のような日帰り小旅だ。スペシャルでなくていい、ベストでなくていい、緑が多く涼しく爽やかで、温泉に入って何か食べられる食堂があれば、いい気分になれる。とても普通で通俗的な願いだし、通俗がいいのですね。

そういうときはたいがいここから行きやすい、日光の戦場ヶ原から湯元のあたりへ行くのだが、まだ混雑にちがいない。ネットで調べて、同じ方面だが少し違う、湯西川温泉へ行くことにした。

その駅は何度か通ったことがあるが、トンネルの中にホームがあって、トンネルの先はすぐ五十里ダム湖の鉄橋になっていることを知っていた。忘れていたが、一度は降りてみたい駅だった。

湯西川温泉は、そこからバスに乗って奥へ行くのだが、いまから出かけてそこまで日帰りは余裕がない。ところが、湯西川温泉駅のそばに日帰り温泉浴場があるとわかった、道の駅もあるから、温泉に入って何か食べることもできる。

電車を調べたら、10時18分東大宮発の下りに乗るのが都合がよいとわかった。栗橋で東武線に乗り換え、さらに下今市で乗り換え東武線から野岩鉄道を経由して、12時44分に湯西川温泉駅に着くのだ。

10時18分より10分ほど前の電車に乗った。これがよかった。栗橋の乗り換えで20分ほど余裕があったので、早速駅の売店でにぎりめしと缶ビールを買って、ベンチに腰掛けプシュッとやる。まあ、これが通俗的な楽しみの一つのわけで。

電車は、まだ混んでいたが、うまいぐあいに座れた。車窓の眺めは、関東平野。実りが一杯の田畑のあいだに、太陽光発電のパネルが、ずいぶん設置されている。

途中はとばそう。湯西川温泉駅のホームに降り立ったら、「寒い!」。ここは標高600メートル弱。それにきのうは、連日の真夏日が途切れ、下界でもいくらか涼しかったからか。

地上に出るには、エレベーターがあったが、散歩に来たのだから歩いて階段をのぼる。トンネルのホームから階段をのぼって地上に出る駅は、以前に上越線土合駅を何度か利用した。東京から谷川岳に登るために土合駅を利用すると、この階段がキツイ。たしか何百段かあるのだ。10年ちょっと前にも行ったが、もうあそこは登れないと思いながら、あの階段の何分の一しかないのに、息を切らして地上に出る。

出ると、なんと、駅舎に接続して道の駅があるのだ。二階が温泉浴場になっている。これはいい。地上は、さすがに寒い感じはないが、肌が冷たいぐらいの涼しさ。

少し歩いて汗をかいて風呂に入ろう。いい空気の中を歩きたい、前はダム湖が広がっているし、遊歩道があるだろう。と思ったがない。それどころか道の駅の前の道路は、どちらに向かってもすぐトンネルになっている。

ここは、もぐらが狭い空き地に頭を出したようなぐあいなのだ。

それでもと思って、クルマの通りが多い道路を横断し、ダムに近づいてみようとするが、無理だった。見えているダムを渡る橋の途中まで行けたらいいのになあと思いながら、湯西川温泉駅ホームのトンネルを出るとすぐある鉄橋を上から写真に撮る。まあ、これでもいいいではないか。芸術にはベストがなく、いつだってベターであるように、風景にもベストはない、ベターを楽しむのさ。味覚もそうだね、ベストは幻想。なーんて。ダム湖は、上流で雨が降ったようで、濁った水が流れ込んでいた。

1012

1015

クルマやバイクが途切れない歩道のない道路は、通俗的ではないから歩く気はしない。じゃ、風呂に入ろう。道の駅の売店を通俗的に冷やかして、2階の温泉へ。入湯料510円。ダムが見える側に広い畳の休憩室があり、若者たちがゴロゴロしている。いいねえ、畳でゴロゴロなんて、通俗的で素晴らしいが、なかなかやれなくなったな。

室内に大きな湯船、外の湯船は半分ぐらい。白濁は少々で硫黄のにおいも少々。いい湯だ。これがいいんだな、あとのビールが楽しみだ。畳で少しだけゴロゴロ。ゴロゴロしているのは若者ばかり。ここは飲食禁止なのだ。

下におりて、食堂へ。カレーライス以外は、うどんそばメニュー。ま、高めですね、仕方ないか、これ通俗というものだ。冷したぬきそば700円とビール。ビールが缶ビールのレギュラーしかない、300円。ちょっと通俗的すぎやしないかと思ったが、もちろん飲んだ。風呂上がりの一杯の通俗的なよろこびを、300円で捨てるわけにはいかない。うまいねえ。

冷したぬきそばのツユが、あまじょっぱく濃くて、栃木の山奥に来たなあと、通俗的に実感しながら、残りツユに浮かぶ天玉をもったいないからすすろうとするが、ツユが濃くてすすりきれず、通俗的に未練を残した。

食べ終わったら、1時間に一本の電車が10分後に出る、電車に乗ってどこかで途中下車しようと思ったが、行きたいところが咄嗟に浮かばない、とりあえず下今市まで買って乗った。乗ってからすぐ龍王峡についた、そうだ龍王峡はまだ行ったことがない、ここで途中下車と思ったが、下今市まで切符を買ってしまった、通俗的にもったいない。しかも、乗った電車が東武日光行きなのだ、下今市から上りにならないで日光へ下る、ほとんどの客は上りの人たちで降りてしまった。おれたちは、成り行きまかせで、通俗の観光地日光へ。

東武日光駅に着いたら、駅の売店やらがオシャレに、通俗度が高くなっている。大勢の外国人観光客がうろうろ。なんのあてもない、何度も歩いたことがある、日光の街を歩いて見るか。駅前広場から通りに出たら、景色が変わっている。なんだ、なんだ、この映画のセットのような景色は、すごい通俗的だぞ。

道路は両側の歩道が拡張され、セットバックして建て替えられたらしい建物は、みんなピッカピカの江戸風というのかな、軽いあれです。電線などは埋設してあるから、眺めのよいこと、正面には男体山がデーンと。ほんと、映画のセットのような通俗的な景色。

その道を、金谷ホテルがある方へ向かって、ぶらぶら歩く。夕方だから駅へ向かって向こうから来る人のほうが多い。いろいろな人種がいる。おれたちは、変わる街並と人並みの中を歩きながら、以前に入ったことがある、まったく江戸風化してない餃子とラーメンの店を見つけ、よろこぶ。

金谷ホテルまで半分以上は歩いたあたりで、とくにそこへ行きたいわけじゃないから、引き返す。連れが通俗的な土産物屋で通俗的な土産物を買うというので、上の食堂で生ビールでも飲んで待とうと思ったが、中生700円の値段を見てやめて、通りのベンチに腰掛け、行き交う人たちを眺める。このあたり、東武日光駅の売店以外、缶ビールを普通の値段で売っているところがない。おれは普通の通俗がいいのに。

帰りは、来る時と同じ東武線ではツマラナイ、通俗的なJRに乗って宇都宮へ出て宇都宮線で帰るのだ。JR日光駅は、昔のままの建物だ。始発だから空いていると思って座った座席は、発車近くにドカドカドカと入ってきた外国人客で埋まった。イタリア語、ポルトガル語ほかがとびかう。

宇都宮線に乗ると、普通の通勤客の景色になった。普通乗車券のみでデレデレダラダラ、湯西川温泉駅でもぐらがちょこっと地上に顔を出したようにして遊んで帰ってきたのだが、大衆食堂でめしを食べたあとのように気分がよいのだった。

1025

1023


|

«お盆休みに驚いたこと。