新刊。お知らせ。

001003_2発売中、鎌倉のインディーズ出版社・港の人から四月と十月文庫7『理解フノー』…クリック地獄

◆HP「ザ大衆食」はこちら…クリック地獄

◆東京新聞12年10月から毎月第3金曜日連載「エンテツの大衆食堂ランチ」20年3月終了…クリック地獄

◆連載中 美術同人誌『四月と十月』4月と10月発行、「理解フノー」…クリック地獄 004005

◆『大衆めし 激動の戦後史:「いいモノ」食ってりゃ幸せか?』ちくま新書から発売中。よろしく~。もくじなどはこちら…クリック地獄

◆好評『SYNODOS-シノドス-』――『いいモノ』食ってりゃ幸せか? われわれはみな〈社会的〉に食べている 五十嵐泰正×遠藤哲夫は、こちらでご覧いただける。…クリック地獄

通常のエントリーは、この下↓からになります。

| |

2021/04/22

3回目の緊急事態宣言が出る動きなんだが。

朝5時15分頃から約4キロ50分歩いた。弱い冷え込み、淡い水滴含みの水色の空が晴れわたり、ひさしぶりに富士山が見えた。そろそろ、しばらく見られなくなるだろう。

のち朝飯くって薬1錠のんだ。

9時までに夕飯くって就寝前の薬1種4錠のんだ。

3回目の緊急事態宣言が出る動きなんだが、やはり、もう1年近く「新しい生活」になじむと、自分は3密守っているから大丈夫っていうふうにもなじんで、余裕が漂っていますね。

厳しいのは、標的にされる事業種のみなさん。

 

| |

2021/04/21

春から初夏へ。

近年は、季節の変化の時期が、おれの身体の記憶とはかなりズレてきている感じがするのだが、統計的には、もっとズレているときがあったらしい。

しかし、突出の順位ではなく、数年単位や10年単位では、どうなのだろうか。地球の自然環境は、おれが生きてきたあいだでも、確実に劣化していると思う。

5時すぎから約4キロ50分歩いた。緩めの歩速。日中は半袖Tシャツで過ごしたが、早朝は、そうはいかない、長袖のパーカー。陽が昇れば、たちまちぼんやりの青空。晴れ。

朝のことは、夕には忘れる。風向と風速を思い出せない。だからといって、気に病むことはない。弱い風が吹いていた記憶がある。

8時までに夕飯くって就寝前の薬1種4錠のんだ。

 

| |

「ロスト近代」あるいは「ノンモダン」を生きる料理とは?

去る4月15日、ツイッターで、このようにつぶやいた。もっぱら、早朝歩きと飯くった薬のんだだけのツイートだったが、チョイと自分にとっては必要なメモなので、こちらにも転載しておく。。

https://twitter.com/entetsu_yabo/status/1382563861362921473
エンテツこと遠藤哲夫
@entetsu_yabo
2か月前に『「家庭料理」という戦場 暮らしはデザインできるか?』の著者、久保明教さんとお会いし話している最中にヒラメキがあって、俺も「ぶっかけめし」を「作って、食べて、考える」をやってみようかと、アレコレ「ぶっかけめし」をいじりまわしていて、最近は毎日のようにぶっかけめしだ。続
午後2:18 · 2021年4月15日

最初の写真は昨日の夕飯で、あったかいめしに、サバ水煮缶を汁ごとかけ、ありあわせのキムチとタラコとカイワレ少々ずつ、ポッカレモンをかけまわし、適当に混ぜながら食べる。無難な味(つまり近代風)の「ワンプレート・ノンクッキング」。続

Cimg5692

2枚目の写真は、先ほど食べたばかり。冷や飯に、市販のコールスロー、スライスしたキュウリとシラス干し、目玉焼をのせ、野菜ジュースとプレーンヨーグルトをかけ、ブラック・ペッパーをふり、適当に混ぜ合わせながら食べる。なかなかエキセントリックなワンプレート。

Cimg5693001


ツイッターでは文字制限があるので面倒で書かなかったが、2枚目の写真の物もありあわせでつくったのだが、「無難な味」なんぞ無視している。とはいえ、シラス干しは余計だったし、何かが足りず、何を足せばよいかぐらいまでは見当がついた。

「ぶっかけめし」ではあるけれど、冷や飯の量は少なめにしてある。こうすると「めし」より「サラダ」に近い。「ぶっかけめし」と「サラダ」の境を越える。

めざすところは、「一汁一菜」だの「一汁三菜」だのという、ようするに「米の飯」を軸にした「和」の「形」とかいうものからの「離脱」あるいは「解放」でもあり、「和」と離れがたく結びついた「中」や「洋」の概念からの「離脱」あるいは「解放」でもある。

なーんてね。

これは、2020/10/19「料理や食事と、エンジニアリングやブリコラージュ。」に書いたことに関連する。
http://enmeshi.way-nifty.com/meshi/2020/10/post-197393.html

| |

«問題はタイトルだ。