2017/01/23

『栄養と料理』2月号に四月と十月文庫『理解フノー』が。

002

001

四月と十月文庫『理解フノー』は、雑誌などの新刊紹介や書評には載ることはない、そう確信していた。ところが、いま発売中の『栄養と料理』2月号の、「本を読む楽しみ」という「Book」のページに載ったのですよ。

短い紹介だけど、生活の雑誌である『栄養と料理』に載ったというのが、うれしい、ありがたい。食がテーマの本ではなかったので、紹介文を見て、、おおそうか、『栄養と料理」で紹介されてもよいのだな、と、なっとくした。

「「大衆食堂の詩人・エンテツ」こと遠藤哲夫さんが、世相、故郷、家族、老いなどについて軽妙に綴ったエッセイ集」と書かれているのに続いて、「気どった話、高尚ぶった話より、日々の生活の満足や幸福をたいせつにする著者の生き方の哲学にしみじみ共感」と。

「気どった話、高尚ぶった話より、日々の生活の満足や幸福をたいせつにする」って、『栄養と料理』の姿でもあるではないか。それに、栄養も料理も、世相や故郷や家族や老いと密接に関わっている。

というわけで、もとはといえば、昨年、『栄養と料理』10月号の特集「お酒好きのための健康術」に寄稿させてもらった縁があってのことだろうけど、『理解フノー』は響きあうところがあったにちがいないと、勝手になっとくすることにした。

紹介してもらったからヨイショしようというのではなく、以前ここに書いたが、いま『栄養と料理』は、かなりおもしろい刺激的な雑誌の一つだと思う。とくに、なんてのかなあ、ダイナミズムを感じる。

最近は、全体的にダイナミズム栄養分が不足しているね。上等そうに、賢そうに、おさまりかえっている。ま、人様のことはいいや。

『栄養と料理』というと、栄養学や家政学を背骨に、いかめしい生真面目さや純粋さをもって、とてもかたくるしいイメージがあった。いや、イメージだけじゃなく、頑固な「良妻賢母」が籠城するところという感じを経験することが、実際にあった。ま、おれの場合だけどね。かつて、おれは栄養学や家政学のばあさんたちが嫌いだった。

それもあって、いまの『栄養と料理』にダイナミズムを感じるということがあるかもしれない。でも、なかなかイノベーションな一冊にはちがいない。

今月号もおもしろい。とくに、雑多な連載がおもしろいってのが、いい。

新しい連載。3人の子育て真っ最中の「ぶたやまかあさんの お台所サイエンス」が、いまどきのハヤリ、ツイッターともリンクして展開するぶっちぎりのおもしろさ。ぶたやまかあさんとは一度飲んだことがあるけど、会ったことがない人でも、ツイッターだけでも愉快でアクティブなかあさんだということがわかる、その人間的な魅力とサイエンスの知識が、そのまま誌面になっている。サイエンスする手仕事としての料理がたのしくなるね。

もう一つ新しい連載。「妻の言い分、夫の言い分」っての、タイトルからして惹かれる。「意外と見えない相手の気持ち 夫婦にありがちな、ささいな誤解や不満、すれ違い。これってうちだけ? いえいえ、たぶんそんなことはないはずです。心理学の研究データから見える夫婦の実際に迫ります」と。いやあ、これは、昔のいかめしく説教くさいばあさんたちの家政学からは出ない企画じゃないのかね。伊藤裕子・文京学院大学大学院人間学研究科教授が執筆している。家政学も、1980年代あたりから変わってきて、科学的な方向を向いているのさ。

まだおもしろい新しい連載があるぞ。かつて、スーパーマーケットやコンビニエンスストアの仕事を請け負っていたおれとしては、おもしろくてたまらん。「うまいものを探せ! スーパー&コンビニ CHECK」だ。今号は「メンマ編」で「繊維質な気むずかし屋」と。スーパー&コンビニと商品に対しては、大量生産蔑視で手づくり礼賛主義の「正しい」人たちのあいだで相変わらず偏見が強いが、どんどん「進化」しているのさ。しかし、昔は、スーパーでおかずを調達するなんてとんでもないという説教家政学のばあさんたちがいたものだけど…おっと、またばあさんを出してしまった。このあいだ、どこかの会社の単身赴任男性が、「一年以上ほぼ毎日コンビニですましているけど、けっこううまいし健康的にも問題ない」といっていた話しを聞いたが、そういう時代の流れをキャッチしている企画だね。

こうして書いていると、どんどん長くなってしまうが、最後にひとつ。前からの連載で、サンキュータツオの「このコトバ国語辞典に聞いてみよう」ってのがある。今回のコトバは「グルメ(名)」。毎回、一語を選んで、さまざまな辞書をひっくりかえしながら、その解釈や概念をほじくりかえす。なかなか知的刺激にもなる。今回は最後に「言葉は淘汰されます。似た意味でも美食、食通、グルメという言葉が残っているなら、それぞれに存在意義がないと生き残れません。三省堂の「グルメ」は、そんな存在意義を教えてくれる項目でもありました」と、深いまとめをしている。飲食をネタにしているライターさんたちは、読んでおいたほうがよいと思うね。

まだ最後にならない、「食べる政治学」がある。今回のタイトルは、「トランプ大統領でTPPはどうなる?」だぞ。まだあるがやめよう。『栄養と料理』だからできる「レシピの変遷シリーズ」の今号は「ハンバーグステーキ」だけど、これを読んでから、そもそも戦前の「家庭の主婦」が料理本や雑誌などのレシピを見ながら料理をするのはいつごろからどう広まったのか気になり、手近な資料で調べてみた。そのことはまたの機会に。

いやあ、続々と、おもしろい。これが一冊700円だからね。

生活の場から、いまとこれからを、総合的科学的に考える、しかも、いかめしくなく気取りもせず高尚ぶったりせず、見出しに圧倒的に使われている丸ゴチ書体のように偉そうにしてない雑誌。男も読んだほうがいいよ。

当ブログ関連
2016/09/13
『栄養と料理』10月号の特集に初寄稿。
2016/06/15
『栄養と料理』がおもしろい。

|

2016/10/26

『理解フノー』にいただいた、お声。

今月初めから書店に並び始めた、港の人発行の四月と十月文庫7『理解フノー』は、おれとしては初めての食以外のジャンルの出版というかノン・ジャンルの出版で、どういう反応になるのか見当もつかない。

おれは名前だけで売れるようなライターではないし、絵を描いている田口さんも無名に近い。いったい、どんなぐあいになるのかなあと思っていたのだが、いまのところ、これまでと違って、書店さんからのコメントつきのツイートが多い。なんだか、心強い。

知り合いの書店の方もいれば、まったく存じ上げない方もいる。

お忙しいなか、書影まで撮影してのツイートがほとんど、どうもありがとうございます。

ということで、ここにまとめておきたい。書影とタイトルだけのツイートは省かせてもらいました。

なにしろ、各誌紙の書評欄などに紹介される可能性などゼロの本だから、みなさまどうかよろしくお願い致します。

◆荻窪の、Title(タイトル)‏@Title_booksさま。

生活するために、書く。そして食べる。その文章は地べたの視線から貫かれて、こうして読むと、とても品がよく感じた。文とは直接関係のない田口順二さんとの絵の交歓も何だか良い感じ。田口順二・絵 遠藤哲夫・著『理解フノー』(港の人/四月と十月文庫)

13:23 - 2016年10月25日
https://twitter.com/Title_books/status/790770744976224256

◆つくばの、中村友貴‏@c5yuukiさま。

港の人からエンテツさんの新刊『理解フノー』が到着。間に挟まれる田口順二さんの絵も味わい深い。

めしや食堂を語る“いつもの”エンテツ節は健在ながら、家族のことや自身の人生、仕事や老いについての文章を寄せた大衆食堂の詩人 遠藤哲夫のアナザーサイドとも言える一冊です。

10:41 - 2016年10月25日
https://twitter.com/c5yuuki/status/790729980539990016

◆渋谷・大盛堂書店 ‏@taiseidoの山本さまにはPOPまで作っていただいたので、その写真ツイート丸ごとここに埋め込みます。

◆北九州の、緑々あおあお‏@midoriaoaoさん。

『四月と10月文庫7 理解フノー』が入荷しています。
文はエンテツさん、絵は田口さん、いろんな意味で最強コンビ!(◎_◎;)

12:02 - 2016年10月16日
https://twitter.com/midoriaoao/status/787488951065903104

◆沖縄の、古書の店 言事堂‏@cotocotomikiさま。

「エンテツ」こと遠藤哲夫さんのエッセイ集『理解フノー』(四月と十月文庫)が入荷しました。 絵は田口順二さん。 「かわいいコワイ」を読んでいて、最後にふっと笑ってしまいました。 どこに行ったのでしょうね、形容詞。 四月と十月最新号の35号もまもなく入荷です。

17:01 - 2016年10月10日
https://twitter.com/cotocotomiki/status/785389823599050753

◆悪漢と密偵‏@BaddieBeagleさま。

"白黒つけない物の見方に納得、くすっと笑わせ、ときにほろり。美術同人誌「四月と十月」で2008年より連載の「理解フノー」に加筆、書き下ろしその他を収録":遠藤哲夫/田口順二『理解フノー』

"絵は「四月と十月」創刊以来の同人、田口順二。中学校の美術教師をつとめながら創作活動を続ける…カバー、表紙、カラー口絵含め30点を収録。様々な画材で画風も変化に富み、自身による言葉とともに、さながら小作品集の趣"

17:09 - 2016年10月5日
https://twitter.com/BaddieBeagle/status/783579832021942272

◆谷根千の古書ほうろう‏@legrandsnesさま。

定休日の昨日は、庭園美術館のボルタンスキー展と、gggでのノザイナー展へ。移動中の読書は遠藤哲夫さんの新刊『理解フノー』だったのですが、津波に飲み込まれた釜石の呑兵衛横丁の話が、ボルタンスキーが語る被災地の姿、ノザイナーの牡鹿半島での復興支援アクセサリーへと繋がっていきました。

というわけで、遠藤哲夫/田口順二『理解フノー』(四月と十月文庫)を読了。本日、店にもにも入荷しました! 敬愛するエンテツさんが語るその半生は、知れば知るほど底知れなさが増すばかり。「つまり十年ごとに、それまでの人生を「捨てる」のだ」という一節が、とくにズシンと響きました。

四月と十月文庫『理解フノー』は、30点ほど収録された田口順二さんの絵もとても好み。「楽器の練習2」という作品がなかでもとくに。以前小倉でご一緒したことがあるのですが、こういう絵を描かれる人だと知っていたら、また違った話もできたのかな。

23:26 - 2016年10月6日
https://twitter.com/legrandsnes/status/784037147875487744

◆池袋のポポタム‏@popotame_shopさま。

【新入荷】エンテツさんこと遠藤哲夫さん@entetsu_yabo の新刊『理解フノー』届きましたーイイコト書いててもエラそうじゃないなーエンテツさんのは良い、じゃなくて好いだな

22:34 - 2016年10月6日
https://twitter.com/popotame_shop/status/784024127908646912

|

2016/10/05

美術系同人誌『四月と十月』35号、連載「理解フノー」は17回目。

009001

『四月と十月』35号が届いた。あいかわらず面白い、刺激的だ。何かをしている、何かをしようとしている、何かを見つけている人たちが描いて書く。うっとうしい自信や自負や高等遊民的な「批評精神」とは無縁だ。何かが生まれようとしている創造の鼓動を感じる。

おれの連載「理解フノー」は17回目で「海外移住を考えよう」のタイトル。脱ウチ弁慶、海外移住を考えることで見えてくること。

表紙の作品は、画家の好宮佐知子さん。

四月と十月のサイトは、こちら。
http://4-10.sub.jp/

006

|

2016/10/01

四月と十月文庫『理解フノー』が出来上がった。

001001

一昨日29日木曜日、『理解フノー』の見本が出来上がるので、17時に高円寺の一徳に集まって待つことになった。

飲みながら待っていると、まもなく版元である港の人の上野さんが、出来たてホヤホヤを持って勢いよく登場した。拍手。包装されたまま、受け取った。拍手。封を開けると、インキのにおいがした。

それからは祝宴。もう一軒、もう一軒で、泥酔帰宅。

今日明日あたりから書店に並ぶという。

この本は、ちょっと変わった試みをしている。本書の扉から引用しよう。……

 本書は、二〇〇八年十月より美術同人誌『四月と十月』で連載した遠藤哲夫の「理解フノー」を加筆修正してまとめたものです。
 また文中の絵とキャプションは同誌の同人の画家・田口順二によるものですが、本文の内容とは無関係にアトリエで描かれていた作品から選び出したものです。したがって、絵と文はそれぞれ独立しており、この本のなかで同居を試みました。

……引用おわり。

004

この扉を開くと、『「理解フノー」の始まり』という見出しがあり、その書き出しは、こうなっている。

010『「理解フノー」という自分でも理解フノーなタイトルは、二〇〇七年七月二十五日の夜、岩手県釜石の呑ん兵衛横丁の通りから始まった。』

呑ん兵衛横丁の写真を、ここに載せておく。この前で「理解フノー」を叫んだのが始まりなのだが、そのときはもちろん、これが連載のタイトルになったり本のタイトルになるとは思っていなかった。ただ酔っていたのと、それから、この呑ん兵衛長屋の中ほどの店から酔っぱらって肩組んであらわれた2人の若者と出っくわさなかったら、「理解フノー」は生まれなかったかもしれない。まっこと、人間社会は理解フノーだ。

この呑ん兵衛横丁は、海に近い低地にあり、2011年3月11日の大地震の津波によって根こそぎ失われた。この夜に呑ん兵衛横丁のあとに入った店も無くなった。

呑ん兵衛横丁のあとに入った店で、おれは「手のひらを太陽に」の「ぼくらはみんないきている…」のメロディにのせて、「ぼくらはみんな理解フノー、生きているから理解フノー」とうたっていて、それがしばらくクセになった。

どうか口ずさんでみてください。ますます「理解フノー」な感じになるでしょ。

本書の詳細は、港の人のサイトをご覧ください。
http://www.minatonohito.jp/products/191_01.html

もくじは、このようなアンバイになっています。エロあり政治ありです。

「理解フノー」の始まり/ウマソ~/健康と酒と妄想と/右と左/何もしなくていいじゃないか/かわいいコワイ/あとをひく「つるかめ」の感傷/わが「断捨離」歴/五十年目のタワゴト/十年後/「文芸的」問題/『四月と十月』からエロへ転がり/クサイ話/七十二と七十/ダンゴムシ論/フリーライター/気取るな! 力強くめしを食え!/坂戸山/  僕の遠藤哲夫  田口順二

よろしくね。

本書を読んで、「ぼくらはみんな理解フノー、生きているから理解フノー」を、うたいましょう。

当ブログ関連
2016/09/02
四月と十月文庫『理解フノー』(港の人)の再校が終わった。

7_049001

|

2016/09/02

四月と十月文庫『理解フノー』(港の人)の再校が終わった。

001001

このあいだの28日(日)のことだけど、四月と十月文庫『理解フノー』(港の人)の再校を終えて宅急便でもどした。これで、ほぼ、おれの手を離れたことになる。

本当は、10日にゲラが届いていたのだけど、おれにしては珍しくいくつかの仕事が重なり、お盆なのに泊りの取材などもあるという状態で、アタフタ、1週間ほど寝かせてしまった。

大急ぎで再校して送ったのだけど、急いでいたのでコピーをとるのも忘れる始末。さらに、気になるところもあって、その後ゲラがないまま、もとの原稿で見当をつけ、メールで直しを追加するということもやり、じっくり仕上げるどころかドタバタ。

昨日のエントリーに「マキノマジック」なる言葉が登場したけど、今回のこの『理解フノー』は、マキノマジックのなかでも、とくにマジック性の強いものだと思う。

というのも、おれが美術同人誌『四月と十月』に連載の「理解フノー」に書き足し、倍ぐらいの原稿量にしたものと、まったく関係なく、四月と十月同人の田口順二さんが描きためていた絵から選んだものを、編集とデザインでドッキングさせるという本づくりなのだ。

著者ふたりとも、それなりの実績のあるライターと画家ならともかく、「無」にひとしい存在で、しかも北九州と関東に離れて暮らし会う機会も少ない。これはかなりの冒険だろうと思うし、うまくいくのかなあと思っていたのだが、意外や意外、なかなかよい感じにまとまってきたのだ。

もしかしたら、ふたりとも、とんでもない潜在能力があるのかもしれない、そこに牧野さんは着眼していたのかもしれない。そんなふうに思い込んでしまったおれは、つい先日、牧野さんと電話で話したとき、お世辞のヘタなおれが、「牧野さんの慧眼にはおどろきました」といってしまったのだった。

おれの潜在能力なんてのは冗談だけど、こんな作り方をやれてしまう、牧野さんの慧眼と力量におどろいたのは、たしかだ。

ま、いつだって、売れる売れないは別のことだけど、なかなか楽しみの本になりそう。

しかし、「理解フノー」なんて、毎回テキトーに思いつくまま書いていたのだが、テキトーがよかったのかもしれない。

初校をもどした段階では、9月発行予定の進行だったが、おれが再校で一週間も寝かせたから、無理でしょう。でも、再校まで終わったから、10月には出るでしょう。10月には、同人誌のほうの発行もある。

(と思って、港の人のサイトを見たら、9月新刊のところに、すでに載っていた。「文章=大衆食堂の詩人×絵=北九州の画家。ふたりの濃密な世界が絶品!」)

四月と十月文庫(港の人)は、現在6冊発行になっている。

1『えびな書店店主の記』蝦名則、2『ホロホロチョウのよる』ミロコマチコ、3『装幀のなかの絵』有山達也、4『マダガスカルへ写真を撮りに行く』堀内孝、5『わたしの東京風景』鈴木伸子=著・福田紀子=絵、6『僕は、太陽をのむ』牧野伊三夫。

四月と十月のサイトは、こちら。
http://4-10.sub.jp/
港の人のサイトは、こちら。
http://www.minatonohito.jp/

当ブログ関連
2016/06/08
四月と十月文庫『理解フノー』(港の人)の校正が届いた。

|

2016/06/08

四月と十月文庫『理解フノー』(港の人)の校正が届いた。

つぎに発行の予定の本は、四月と十月同人の田口順二さん(絵)と共著の『理解フノー』だ。たしか原稿を揃えて送ったのは3月末だったと思う。

今日、校正が届いた。

田口さんは、たくさんの絵を描いたらしい。編集関係のみなさんがセレクトし、青木隼人さんがデザイン。

おれと田口さんが、勝手にバラバラに書いたり描いたりしたものをデザインするのだから大変だっただろうとおもう。

なので、これは青木さんがもう一人の著者といえそう。

なにしろ、おれが自分の原稿を見て送るときは、こんなので一冊の本になるのかねぇとおもっていたのだが、届いた校正を見たら、なんとまあ見事な一冊になっているのだから。

これは牧野伊三夫さんの慧眼ともいえるか。

とにかく、これから必死こいて校正にとりかかるのだ。

パラパラ見ながら、副題をつけるとしたら、と考えてみた。ま、副題はつけないのだが、もうちょっと考えてみよう。なかなか理解フノーではない理解フノーな一冊になりそうだ。

下の写真は関係ありません。

四月と十月文庫関係のニュースは、こちらの四月と十月のサイトの「お知らせ」から。
http://4-10.sub.jp/

025002

044

045

|