« 「酒とつまみ」3号の販売 | トップページ | クセといふこと »

2003/10/01

「酒とつまみ」だ!

この前に書いてあるように、今日から早稲田古本祭だが、そこの古書現世で販売される「酒とつまみ」。

これは言ってみれば、本における「本の雑誌」のような感じだ。実際、本の雑誌の発行人の浜本茂さんが「小説の中の酒」を連載しているが、とにかく偉そうなことは言わず、好きで好きでたまらんという一念が彷彿フツフツフツと沸き立っている。

第3号、「千鳥足で行こう!」

巻頭特集、思いつき研究レポートSPECIALは、PART①アルコール検知器で研究してみた、PART②ホッピーに合う酒は何だ。このPART②は、ようするにいろいろな酒をホッピーで割って飲んでみるというもの。ま、ようやるわ。

こりゃもう難行苦行だの「第3回 中央線で行く東京横断・ホッピーマラソン 肝臓破りの吉祥寺~国立編」

「編集者はなぜかくも飲むのか」「酔客万来<第3回>集団的押し掛けインタビュー」「酒場盗み聞き」「職人レポート 酒肴ある処、職人在り」などなどいつもの連載のほかに、山本史子さんの新連載「飲んだくれザマミロ紀行」で国外にも飛び出しワールドワイドに酔っ払いまくる。

ま、広告なしの本文80ページ、400円は読み出したらとまらんよ。「本の雑誌」以来の痛快快挙だあね。このサイトのリンクの花園からホームページへもリンクしている。ま、早稲田古本祭の古書現世で、手にとって見てよ。

|

« 「酒とつまみ」3号の販売 | トップページ | クセといふこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「酒とつまみ」だ!:

« 「酒とつまみ」3号の販売 | トップページ | クセといふこと »