« センチは、問題だぜ | トップページ | 「手作り」センチメンタリズム »

2004/05/26

「新鮮」センチメンタリズム

昨日気がついたのだが、近所のスーパーの魚売り場の「マグロ」に「養殖」や「解凍」の表示がついている。やっと、ここまできたかというかんじ。

このあいだ郡山で、電車を待つあいだ、どこでもいいやと駅前の居酒屋チェーン店に入った。今週の店長オススメメニューとかいうのがあって、「新鮮でおいしい刺身!」とかあって、マグロ、タコ、それからもう一品あった。どれも、あきらかに、「解凍モノ」である。

こういうことは、よくある。その場合「新鮮」とは、どういう意味なのか。解凍したて? ということ。まさかね。

大部分のひとが、解凍マグロでなければマグロをくえない時代に、いつまでも「新鮮」というのは、おかしいし、そういうマグロを評価するのに、「新鮮だからうまい」というのもおかしいと思うのだが。

日本は海にかこまれた美しい国、というセンチメタリズムが「味覚」になっている。いつまでつづくのか、この惰性。

|

« センチは、問題だぜ | トップページ | 「手作り」センチメンタリズム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/657211

この記事へのトラックバック一覧です: 「新鮮」センチメンタリズム:

« センチは、問題だぜ | トップページ | 「手作り」センチメンタリズム »