« 妙味といふこと | トップページ | ニセ食品とニセグルメ »

2004/06/03

うめえ

ダイソーに100円で売っている、四方にツメがついていて、バッチリ密閉できるタッパーがある。

タマネギのうすぎり、トマトのきざんだの、トウガラシてきとう、レモンを絞った汁をまぜたやつ。ピーマンを細かくきざんで入れてもよい。セロリーをきざんでまぜてもいいよ。塩や醤油や味噌でもよい、好きな味付け。ほかの野菜の量にもよるが、中ぐらいの大きさのタマネギ二個をきざむと、タッパーに山盛りの量ぐらいになる。それを無理やりタッパーに押し込んでふたをする。冷蔵庫にいれておくと冷え、量は半分近くに減る。

それをそのまま食べるのもよいが、サケかシーチキンの缶詰を皿にあけ、そのうえにタップリかけて食べる。うめえ。さらにそれを、めしにかけながら食べる。うめえ。アジやカツオの刺身のうえにかけて食べても、うめえ。豚の冷シャブのうえにかけて食べても、うめえ。これから暑くなったら、これだなあ。

■いらないね「食育基本法」なんか。食育なんかより、ハンナンやニセ黒豚問題のような、食品をダシにした、業界と役人と政治家の癒着構造を無くすほうが先じゃないか。「教育、農林水産業、食品の各業界と連携した食育推進」だって、腐ったもの同士が連携だなんて、笑わせらア。マスコミもハンナンやニセ黒豚問題じゃ腰がひけてるぞ。個人の自己責任は責めるくせに、大きい権力には弱いのか。世間の偉そうな「グルメ」たちも、こんなことを許しおいていいのか。グルメの真価が問われるぜ。

Web共同通信社「KYODO NEWS」2004年(平成16年) 6月 3日

食育法案の今国会成立断念 自民

 自民党は3日、食育調査会を開き、学校給食や家庭の食生活改善で、国民の健康増進を目指す議員立法の食育基本法案について、今国会での成立を断念することを決めた。
 与野党合意による内閣委員長提案での成立を目指していたが、審議方法で民主党との協議が難航したためで、今秋の臨時国会での成立を目指すことにした。
 食育基本法案は、内閣府に食育推進会議を設置するほか、都道府県や市町村に対し、教育、農林水産業、食品の各業界と連携した食育推進の計画策定を義務付けている。

■なにも審議されてないにひとしい。もともと国民の生命は軽いのだ。加えて「強行」という暴力的行為。言葉より暴力的行為でケリをつけようという風潮は殺戮大国アメリカのイラク戦争を支持する与党としてはトウゼンなのだろうが、子供たちにむかって「生命の尊さ」を説くことはできないね。

与党が年金法案を強行可決 参院厚労委
【15:18】 自民、公明両党は3日午後、参院厚生労働委員会で年金制度改革関連法案の質疑を打ち切り採決を強行、法案は可決された。

|

« 妙味といふこと | トップページ | ニセ食品とニセグルメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/702918

この記事へのトラックバック一覧です: うめえ:

« 妙味といふこと | トップページ | ニセ食品とニセグルメ »