« 貧乏神にとりつかれたか | トップページ | ときには、素面で、高尚なことを »

2004/06/19

「純」と「雑」

チョイト初顔合わせがあって「遠太」をふりだしに、柳通り「蔵」、最後はオオカワさんと鶯谷「ささのや」で立ち飲み仕上げ。けっこう飲みましたね。でも割りとシズシズ飲んでいたので、ヨッパライ状態にはならず。そろそろ一日ぐらい抜かないと、アタマと胃がチリチリ痛みまする。

堕落をやめ食における「純」と「雑」の思想というのを追求しようと思ったが、今朝は、やや酒が残ったのでとりやめ。

■連載。一緒に酒を飲んだことがあるひとサイト、新旧とりまぜて。
コトのついでに、『酒とつまみ』だ。
http://www.saketsuma.com/index.html
第5号が、オドロイタことに、予定通り、6月中の発売だそうだ。こちらに主な内容があります。直販予約受付中なので、よろしく~。
http://www.saketsuma.com/sasinngou.html
今月号から、南陀楼綾繁さんの、古本屋と大衆酒場を歩く連載がはじまりますね。その取材には同行して、当日記5月9日の「ヒトはナゼ酒を飲むのか」にあります。ナゼ飲むのか? うげー、吐きそうだ。
http://enmeshi.way-nifty.com/meshi/2004/05/post_10.html

|

« 貧乏神にとりつかれたか | トップページ | ときには、素面で、高尚なことを »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/796398

この記事へのトラックバック一覧です: 「純」と「雑」:

« 貧乏神にとりつかれたか | トップページ | ときには、素面で、高尚なことを »