« 京阪神ネタ3題 | トップページ | ハムカツのち下痢で »

2004/07/11

『汁かけめし快食學』オッ声

イロイロ、いただいてます。どうもありがとうございます。順不同メチャクチャで掲載。

■ホモダチ・やすし(封書)
『ぶっかけめしの悦楽』より数段面白くなっています。特に“男と女のカケメシロジー”、このスパイスがよく効いていますね。本のデザインも良いです。「エンテツ」大ブレイクしてください。

■愛人バツイチ・ゆかり(葉書)
「力強くめしを喰い」の文言、いつも気に入っております。

■ホモダチ・しんや(葉書)
“快感満載”という惹句がいいですね。

■おおっ、東陽片岡さんからも、葉書が。うふふふふふ、これは、内緒、ウンコマーク入り。

■おおっ、林哲夫さんが、「sumus」のサイトの日記、7月9日に。
http://www.geocities.jp/sumus_co/daily-sumus7.html

■ホモダチ・まこと(本書の「かけめし屋始末」に登場のマコト)が、blogで7月7日に。
http://dan21.livedoor.biz/archives/4070618.html
(エンテツ>そうか、おれは「上司」だったのか。うへへへへへ、じゃあ、悪い上司に悪い部下というわけだ)

■まだホモダチ関係を結んでないが、おなじみ「コンビニ研グルメ班日記」7月10日で、給食探求中のsujakさんが「ほめ殺し」うぎゃっ!
http://d.hatena.ne.jp/sujaku/20040710

■三角関係・セイとマコ(メール)
ちくま文庫から上梓するなんてカッコいい。

■札幌の愛人人妻・チズ(メール)
札幌の駅前JRタワーの中にある旭屋書店で早速購入しました。
(ちなみに平積み・・ここの文庫本新刊コーナーはどの本も棚にたてかけていますが・・で何冊もありましたよ。)

■都内の愛人人妻山の手お嬢様育ち・ノリ(メール)
1日7回、1回につき25分ぐらい授乳しているのですが授乳中はおそろしくヒマ。最近 本読みながら乳をやれることに気づき それも文庫本サイズがベスト。さっそくきょうから読んでます。
ネコまんまって 私の知る範囲ではみそ汁+ごはん。明治生まれの祖母と同居していた幼少時は「絶対にやってはいけません」と厳禁され いまだ試したことがありません。ごはんを食べる時は はしの5ミリ先しか使っちゃいけないとか 作法に厳しかったです。(2センチ以上使っちゃってますが)
しかし ちくま文庫。なんか格調高いなあ。さすがですなあ。

■ホモダチ・えいじ(メール)
ところで私は、汁かけめしならぬ、めしかけ汁が大好きなんです。ラーメンやカレーうどんの麺を食べきったスープの中にご飯を入れる食べるやつです。人前では、ちょっと恥ずかしいので出来ないのですが、家では良くやってます。


みなさん、ありがとう。さらに、よろしく~、よろしく~。


|

« 京阪神ネタ3題 | トップページ | ハムカツのち下痢で »

コメント

読んでくださったみなさま、ご贔屓ありがとうございます。ソモソモは私自身がエンテツ氏のあの筋書きわからぬうちに力強く人を巻き込んでいく節調に惚れたのが始まりでしたが、それに発奮したエンテツ氏、ほとんどこれは書き下ろしと言っていいシロモノであります。面白く読んでいただければ幸甚。ヨロコビにうふうふ言っている編集子でありました。

投稿: 「汁かけめし快食学」編集子 | 2004/07/12 01:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/942571

この記事へのトラックバック一覧です: 『汁かけめし快食學』オッ声:

« 京阪神ネタ3題 | トップページ | ハムカツのち下痢で »