« あなたも「評論家」になれる | トップページ | 泥酔のちお出かけ »

2004/07/19

あなたも評論家!

以前、こんなことがあった。

エッセイストになりたい、まず食べ物について書くことからやりたい、雑誌など見ると、あれぐらいなら私のほうがうまく書けると思うし、食べ歩きもたくさんやっている。だいたい18歳で上京してから、外食たくさんしているし。だから、どこか出版社を紹介してくれないか。「とにかくコネですよね!」「チャンスがあれば、私だって」

と、メールのやりとりは若干あったが、初対面のひとから2人、そういえばどちらも女性だったが、相談された。

おれが企画協力した散歩の達人ブックス『東京定食屋ブック』が発売になったのは、2002年7月で、そのあとだった。

なるほど。と、思った。なるほど、たしかに、彼女たちのいうことは、もっともなのである。彼女たちがまちがっていたのは、おれが、そういう彼女たちが簡単に書けそうにないオカシナことを書いているし、『東京定食屋ブック』で「企画協力」しているから、ある種の「黒幕のような」「権威」があって、出版社に強いコネがあるのだろう、と、カンチガイしていたことだ。おれの「お墨付き」をいただいて、出版社への売り込みを考えていたらしい。

そのカンチガイを正すのに、苦労し、アレコレしなくてもいい言い訳をしながら、そのとき、ポワッと、「あなたも評論家になれる」というコトバが頭をかすめた。

結果、彼女たちは、おれは役にたつ人間ではないとわかったのか、プッツリ連絡がとだえた。

というわけで、最初17日は「あなたも評論家になれる」としたのだが、ほんとうは、「あなたも評論家」「みんなが評論家」なのだ。もはや、活字をイジクルものだけが「評論家」のわけではないし、そういう「評論家」が権威面できる時代はおわったのだ。

だから、イマこれから、ザ大衆食のほうのページのタイトルは、「あなたも評論家」に訂正する。
http://homepage2.nifty.com/entetsu/hon/meshi_kou1.htm

すでにメールで、気がついたことや感想をいただいている。ここのコメントでもいいし、メールでもいいし、なんでも気軽に、どうぞ。

|

« あなたも「評論家」になれる | トップページ | 泥酔のちお出かけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/1001146

この記事へのトラックバック一覧です: あなたも評論家!:

« あなたも「評論家」になれる | トップページ | 泥酔のちお出かけ »