« 「未生音」渡辺勝で二度寝のち浪曲 | トップページ | 政治レベルの料理としてのBSE問題 »

2004/07/05

東京夕暮れスタイル

ややややや、昨日は、アレコレソレコレ呑みこれで、日記を書かずじまい。ナント、アヤシゲさんは、ちゃんと書いている。おおっ、『汁かけめし快食學』を読了のようだ。ありがたや。
http://d.hatena.ne.jp/kawasusu/20040704

「熊谷真菜さんの解説は、エンテツ本の真髄を突いている、スゲエものであった」と。ほんと、アノ本は、熊谷さんの解説がいちばんおもしろい。

ところで、今日もゆっくりしていられない。

昨日アレコレあったうちでも、お知らせしておきたいこと。

散歩の達人別冊『東京夕暮れスタイル』7月21日発売 定価880円です。
おれは、原稿を書いています。昨日、日曜日ですが、校正がおわりました。日曜日、編集女は、休んでないわけです。

「当日新橋の駅構内でデモ販売をやるんです。新橋・有楽町の500円お父さんが飲み代から880円を削ってくれるか!!」だそうです。どうか、買ってください。

しかし、あの編集女、独身かと思ったら、「我が家の家計と子供の学費はそれに懸かっております。恵まれない編集者に猿の手を」などと言っている。もうガキまでいたのか、いまの若い女、いや、もう若くはないが、油断ならぬ。ウーム。しかし、アタマが光化学スモッグ状態だそうだから……。マユ語のアタマが光化学スモッグ状態?ボケ婆さんということかな、わけわからんな。

とにかく、急ぎがあるので、こんなところで。『東京夕暮れスタイル』は、ちょいとおもしろい趣向なものなので、また近日中に書きます。

ま、ちょっと整理しておくと。

南陀楼綾繁さんの『ナンダロウアヤシゲな日々 本の海に溺れて』(無明舎出版)発売中。「「ふつうのめし」を熱く語る、大衆食堂の詩人・遠藤哲夫」というのが載っています。よろしく~
http://www.bekkoame.ne.jp/~much/access/shop/index.htm
神戸の海文堂でフェア開催中、11日はサイン会。アヤシゲさんに会えるよ。
http://www.kaibundo.co.jp/

7月9日、『汁かけめし快食学』(ちくま文庫)発売。よろしく~
7月21日、散歩の達人別冊『東京夕暮れスタイル』発売。よろしく~
ですね。

朱雀正道さんの「給食」は大作になっている。
http://d.hatena.ne.jp/sujaku/

|

« 「未生音」渡辺勝で二度寝のち浪曲 | トップページ | 政治レベルの料理としてのBSE問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/904059

この記事へのトラックバック一覧です: 東京夕暮れスタイル:

« 「未生音」渡辺勝で二度寝のち浪曲 | トップページ | 政治レベルの料理としてのBSE問題 »