« BOOKMANな人びと・荻原魚雷の巻 | トップページ | 『汁かけめし快食學』オッ声 11 »

2004/09/13

それでも呑む

山谷「大林」→入谷「なってるハウス」→鶯谷「養老の滝」=二日酔い。最後の日本酒がきいた。そして今夜も呑む。
あとで、書くかも知れない、書かないかも知れない。

ナンダロウアヤシゲさんの日記に、昨夜のことも、さらにその前の前の夜のこともかいてあるわい。
http://d.hatena.ne.jp/kawasusu/
なんじゃ、おれとハタナカさんのヨッパライ伝説が生まれつつあるのか。はあ、ほう、とにかくアタマが重い。

昨夜の「なってるハウス」は、渡辺勝さんがピアノをガンガンひいてガンガンうたうという感じで、つまりいままでは川下さんのサックスとのデュオだったのだが昨夜は、ちょっとイマ名前思い出せないがエレクトリックベースギターなのだな、で、これはまた渡辺さんのピアノとうたがすばらしいわけだ。曲の展開が、すぎさった暑かった夏への抒情というかんじで、その抒情がベタベタしてないってとこがイイね。

鶯谷の「養老の滝」で食べた、シメサバが、おもいのほかうまかったのを覚えている。音楽も食べ物も酔って鑑賞し、記憶が失われるほど飲み、それでも翌日に「うまい!」という印象が残ったものが、ほんとうにうまいのだ。ということにすると、いつも酔って鑑賞できるし、わかりやすくて、いいなあ。ああ、なにいっているのだろうか。

|

« BOOKMANな人びと・荻原魚雷の巻 | トップページ | 『汁かけめし快食學』オッ声 11 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/1424605

この記事へのトラックバック一覧です: それでも呑む:

« BOOKMANな人びと・荻原魚雷の巻 | トップページ | 『汁かけめし快食學』オッ声 11 »