« 『汁かけめし快食學』オッ声 11 | トップページ | 「夜霧のハウスマヌカン」と「ほか弁」 »

2004/09/14

絶佳! 魚沼コシヒカリ風景

昨夜の呑みごと酔いごとも、まだ書くまもなくアレコレ忙しくしていると、メールが一本きた。故郷の六日町中学の同級生、久保田俊介さんからだ。写真が、たくさん添付。

な~にかな~、と、ひらいたら。おおおおおおおおおっ、故郷の盆地が一面、黄色い海。この時期にしか見られない、魚沼コシヒカリの実りの穂が、南魚沼の盆地を埋めつくしている景色。感激感激。

これは、みなさんにも、はやく見て欲しい。できたら、このタイミングを逃さず、行って見て欲しい。ということで、ほかのことはあとまわしにして、とりあえず、「ザ大衆食」のサイトに掲載した。ぜひ、ごらんください。
http://homepage2.nifty.com/entetsu/sinbun04/muikamachi_kosihikari.htm

|

« 『汁かけめし快食學』オッ声 11 | トップページ | 「夜霧のハウスマヌカン」と「ほか弁」 »

コメント

おおっ、柿沼さん! ごらんいただき、コメントまでいただき、うれしいかぎりです。

この景色は、地元のひとでも、あるていどの高さまで登らないと見られないので、知らないひとがいます。この画像のように天候の条件がよいと、まさに、「息をのむ」景色です。

手前の坂戸山のふもとには、以前の与野市いまは「さいたま市」の温泉保養施設があって、温泉もよく安いので評判のようですが、わたしは泊まったことはありません。いつも町中のボロな安い温泉宿に泊まって、のんだくれています。

北浦和からは新幹線をつかうと、1時間ちょっとで着きます。この景色が見られる高さまでは、ゆっくり歩いて40分ぐらい、坂戸山の頂上へは1時間数十分です。

機会がありましたら、是非、おこしください。これから稲刈りと重なるように周囲の高山の紅葉がはじまり、稲刈りがおわったころには、坂戸山など低山の紅葉が盛んになり、冬が駆け足でやってきます。

投稿: エンテツ | 2004/09/15 01:30

初めてこちらに書き込みさせて頂きます。北浦和の柿沼です。
写真拝見しました。私もそれなりの年数を生きてきていますが、こういう光景の存在は初めて知りました。稲穂を見ることはあっても、こんな風に一面のいろどりを眺める、というのは基本的に平地の浦和ではさすがに無理ですし。いいもの見させて頂きました、という気分です。
実際に見ることが出来たらきっと感動ものでしょうね。

投稿: 柿沼 | 2004/09/14 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/1434031

この記事へのトラックバック一覧です: 絶佳! 魚沼コシヒカリ風景:

« 『汁かけめし快食學』オッ声 11 | トップページ | 「夜霧のハウスマヌカン」と「ほか弁」 »