« 日本料理の概念? | トップページ | 「定食」のアイマイな記憶と早稲田古本市 »

2004/09/19

冷や汁は夏バテ回復によい会

ヨシバ邸のあっこサン4誕生祝「冷や汁」食べ会。3時開始に遅れ4時から参加。冷や汁制作担当は、宮崎出身のフリーエディターあんどライターのスズキサチコさん。イリコダシの宮崎スタンダードタイプと、鯛で作ったスペシャルタイプ。うーむ、コレハ、うまいうまいうまい、みなガツガツあっというまに食べ、うーむ腹いっぱい。前にも、鯛のものは食べたことがあるが、それとはまったくちがって、焼いた鯛の身を、ゴマをすった擂鉢で一緒にすり、アラでダシをとって、そこに入れる、というものだ。ダシ汁は少しで、全体がとろろ汁のようなネバリの仕上がり。後日ザ大衆食サイトに写真と詳しい報告。

ヨシバ旦那は上海へ単身赴任中この日のために?一時帰国。いまごろ上海にもどっているはず。勤まるかと思ったマーケティング屋ビジネスは好調のすべりだしらしい。と、ここで遭遇するは、ナント、って、詳しく書くのはヤバイか、やめよう。イラク帰りの軍事戦場ジャーナリスト男2人。えーと、それから、旅ライター○子さんに、田舎暮らしエディター○子さんに、子連れスーデザイナーさん、歯痛の音楽貿易マツ子さん、それから子育てクタビレママさん、あーあとはあっこんさんか?忘れた。20数歳以上も年下のなかに、おれだけ60歳という、ちかごろよくあるパターン。

カトケンさんのバグパイプに、みな大感動。イラク、タイ、ベトナム、上海……政治経済モノカネ人質殺戮生産流通メディア接待賄賂化粧品長唄日本舞踊結婚離婚バトル子育て子自慢、話題は汁かけめしのごとくゴチャゴチャなり。ビール、泡盛、焼酎何種類?こちらもごちゃごちゃなり。梁山泊の酒盛りという雰囲気のなかで、鋭い見識、とびかう。さすが。のなかで、またまた、ヒラメイタぞ。最近は、よくヒラメクのだ。うふふふふふ、そうなのだ、「流通」なのだ。ここがカンジンのヘソなのだ。

ヨシバ旦那、腹と泥棒に注意し、はやく任務を完了し帰国せよ。サチコさん、うまい冷や汁ありがとう。まだ暑いし夏バテ解消にグッドですな。ああ、あっこさん、最後になったが、誕生日おめでとう。

|

« 日本料理の概念? | トップページ | 「定食」のアイマイな記憶と早稲田古本市 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/1471134

この記事へのトラックバック一覧です: 冷や汁は夏バテ回復によい会:

« 日本料理の概念? | トップページ | 「定食」のアイマイな記憶と早稲田古本市 »