« 戦前の納豆ライスカレー | トップページ | 大戸屋そして焼き魚 »

2004/09/07

豚汁を

先日、味噌汁をつくろうと思ったら、ダシにするものがない。いつもは、雑節の混合削り節である。それがない。カツオ節のヘロヘロ削り節小袋詰めも、煮干も、ダシにできそうな野菜も、あらゆる種類のダシの素も、とにかくダシに使えそうなものが何もないのだ。そんなことは、これまでなかった、一大事である。ウンコしたいのに紙がないようなものだ。ちがうか?

で、小さな冷蔵庫のなかをかきまわした。そこに豚バラの薄切り数片を発見! ヨシッこれで味噌汁つくってやろう。水は、いつもより少なめにはって、豚バラを細かくきざんで煮る。テキトウなところで、豆腐を入れる、汁が多目の豆腐の煮物という感じのバランスで、イメージどおりだ。味噌のほかに、醤油をちょっとだけ入れる。最後にネギをタップリ小口きりにして、ドサッといれて出来上がり。食べたら、これが、うまいんだなあ。うーむ、しかし、これは豚汁というのだろうか、豆腐汁というのだろうか。

豚汁は、関西では「ぶた汁」で関東では「とん汁」だという話があるが、そんなことはどうでもよい言葉の問題だ、それでできるものが違うのかどうかだが。で、ようするに豚肉が入っているだけで、豚汁になってしまうんだよな。豚肉のほうが少なくても。

ということなどをアレコレ考えていたら、とにかく、味噌汁の名前というのオカシイのだ。たぶん、家庭内でつくられているうちは、とくに呼び名のない味噌汁、おおざっぱに菜っ葉汁とか、なんとかテキトウだったのだろう。それが飲食店で出したり、料理の本にのせるとなると、もっともらしい名前をつけることになる。料理としては家庭でつくられていたのに、名前は飲食店の記録や料理本で、はじめて登場することになる。すると、後世、どこどこの店が元祖だの、何年の料理の本からはじまっただのということになる。そういう「歴史」がたくさんあるのだろうなあ。

と思いつつ、「ザ大衆食」のサイト、「新潟日報連載」に「豚汁」を掲載したのであります。ご覧ください。
http://homepage2.nifty.com/entetsu/nipporensai.htm
なお、「新潟日報連載」の掲載は、あと数回でおわるが、続いてサイト独自に、「望郷食考」的なものを書いていく、つもり。

それから、ヒソカニ、こんな準備も始めているのだ。「東京めし快食學」? あははははは。
http://homepage2.nifty.com/entetsu/hon/hyouronka_meshi.htm
そうである、あの「幻の奇書」といわれる『大衆食堂の研究』のテキスト化の作業が、ほぼおわりそうなので、それを、ここにこういう感じで掲載していこうかな、ということなのだね。エンテツの「気どるな力強くめしをくえ!」の「快食學シリーズ」だ。

いずれも、タダ、出血大サービス、もったいないなあ。って、ほどじゃないか。でも、こんなに日記も含めて書いて掲載しても読めないだろうなあ。やっぱり、やめるか。

ヒソカニ進んでいるとはいえ、そのうちの話だから、いつになるかオタノシミ。

|

« 戦前の納豆ライスカレー | トップページ | 大戸屋そして焼き魚 »

コメント

Takeさん、すみません、そちらを見ないまま書いたもので、かんだ食堂は掲載されているのですね。

なつかしい! あのまわりはすっかり変わりましたが。

ちょっと今日はバタバタしているもので、近々、ちゃんとリンクさせてもらいます。よろしく~。

投稿: エンテツ | 2004/09/08 15:51

おお、なんと! 豚の味噌漬け! そうです、それをおれは高校1年の山岳部の夏合宿で覚えたのです。えーと、1959年ということかな?

そうです、ふだんイマでも、豚肉とネギを刻んで味噌と混ぜて、タッパーに入れ冷蔵庫に入れとけば、イロイロ便利です。
山へ行くときは、刻まないで薄切りのまま味噌漬けにしますが、家では刻んでおくと、そのまま炒めてもよいし、ニンニクと炒めてもよいし、ナスと一緒に炒めたりとか、イロイロできるし、だいたい豚は味噌に漬けて、ちょっとねかせておいたほうがうまくなりますよね。

いやあ、おなじようなことしている人がいると興奮しますね。できましたら、かんだ食堂のレポートいただけたら、「ザ大衆食」のサイトに掲載します。ほかにも、いわゆるオススメではなくても、こんな食堂で食べたよ~とかあったら、ぜひレポートお願いします。ほかの方も、ここに、こんなぐあいに載せています。
http://homepage2.nifty.com/entetsu/taisyusyokudo.htm

よろしく~

投稿: エンテツ | 2004/09/08 15:45

豚はダシになりますね。

豚の味噌漬けを作りタッパーにいれて山登り。あとは煮るだけでトン汁の出来上がり・・・。手軽な保存食です。夏の山登りでも2日ぐらいは平気ですね。

ところで、かんだ食堂にいってきました。
今のオフィスは青山なんですが、この辺には定食屋がないですね。

投稿: Take | 2004/09/08 14:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/1377470

この記事へのトラックバック一覧です: 豚汁を:

« 戦前の納豆ライスカレー | トップページ | 大戸屋そして焼き魚 »