« とん汁をめしにぶっかけて | トップページ | 暮らしの手帖20号、おいしいみそ汁がのみたい »

2004/10/01

有元葉子さんのオコトバ

『有元葉子の料理の基本』幻冬社

「料理は答えがひとつの計算問題ではなく、いくつもの答えが出てくるゲームです。」

「味つけにしろテクニックにしろ、私や私の家族にとってのベストが、べつの誰かとまったく同じということはありえませんから。」

「あなたらしい料理を作ることを楽しんでください。」


……料理は私小説、のようなもの、か?


「料理はハプニングずくめ。同じものでも作るたびに仕上がりも違えば、焦げたり辛すぎたり――すんなりトラブルもなくできるなんてことは、まずないといっていいでしょう。ただし、はじめからそう肝に銘じてかかれば、これほど楽しいゲームはありません。いうなれば、先まわりして待ち構えている状態。何が起きても、そのハプニングを楽しんじゃおうという気持ちでいると、土壇場でいいアイディアが浮かんできたりするものです。」


……「料理」を「人生」や「仕事」におきかえても、よいような。


「一年の半分近くをイタリアで暮らすようになって数年。イタリア人というのはつくづく、レッテルを貼ることも貼られることも嫌う人達です。」

「レストランにしても、誰が食べても最高のリストランテがトラッテリア(大衆食堂)の看板を平然と掲げていて、」


……おおっ、すばらしい! 日本人は、決め付けてレッテル貼るの好きだし、勝手にレッテルを貼っていて、そこからはみ出すと非難する。かつレッテル貼られてアンシンするし、イメージのよいレッテルを欲しがる。近年は「大衆食堂」というレッテルを嫌い「定食屋」というレッテルを選ぶ連中もいるね。

|

« とん汁をめしにぶっかけて | トップページ | 暮らしの手帖20号、おいしいみそ汁がのみたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/1564240

この記事へのトラックバック一覧です: 有元葉子さんのオコトバ:

« とん汁をめしにぶっかけて | トップページ | 暮らしの手帖20号、おいしいみそ汁がのみたい »