« 気分よく『汁かけめし快食學』 | トップページ | 納豆カレーの怪。日本人は目で食べる。か? »

2004/10/20

ガリ版展とリニューアルなのだ

懐かしのガリ版。きのうは、おれが言い出しっぺで、「やどや ゲストハウス」の企画として、東京古書会館で開催中の「ガリ版展」へ行きました。アルゼンチン人2人、アメリカ人2人、日本人はおれを含めて3人でした。会場では、ガリ版ネットワーク代表・ライターの志村章子さんに丁寧な説明をいただきました。いきなり、エジソンが作った古い謄写版の道具を見せられたので、一気に皆の興味が高まりました。いまでもラオスやモンゴルなど、電気の使えない地域へ日本から普及しているとは。実用からアートの作品の数々の展示を見て、アレコレ質問などし、ガイジンどもはよろこんでいました。それから地下のアンダーグラウンドブックカフェも見物して、近くのジョナサンでお茶のんで解散。日本人やどや関係者は、近所で酒飲んで、午後7時からのトークショー「八木福次郎夜話」に参加の予定でしたが、中野の事務所に用ができたので、中野にもどって近くの「力」で、これからの企画など話し合いながら、ああ、タップリ飲んだのでした。オワリ。

ぼちぼち、ザ大衆食のサイトのリニューアルをやっている。「浮世のめし新聞」はタイトルも「快食ニッポン散歩録」に変え、かなり大幅にデザイン変更。見やすくなったつもりでいる。ま、自分でも、わけがわからんほどクリック地獄状態が進化したので、すこし整理したのだ。いかがでしょうか、ごらんください。
http://homepage2.nifty.com/entetsu/sinbun/sinbun.htm


|

« 気分よく『汁かけめし快食學』 | トップページ | 納豆カレーの怪。日本人は目で食べる。か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/1727479

この記事へのトラックバック一覧です: ガリ版展とリニューアルなのだ:

« 気分よく『汁かけめし快食學』 | トップページ | 納豆カレーの怪。日本人は目で食べる。か? »