« おせん婆さん83歳誕生日の日の泥酔 | トップページ | 東長崎機関のインフラ「せきざわ食堂」 »

2004/11/23

BSE頭を冷すために、こういう本でも読んでくれ

米国産牛は、まだ全頭検査問題で輸入できないでいる。何度も書いたように、無意味なだけでなく、無駄なカネを使うし、ロスが多すぎる。不安をあおって儲けているやつがいる。こういう本でも読んで、頭を冷してほしい。おれは「嫌米主義」に転向したけど、安い牛は好きです。

『環境リスク学―不安の海の羅針盤』中西準子
http://book.asahi.com/review/index.php?info=d&no=7041

|

« おせん婆さん83歳誕生日の日の泥酔 | トップページ | 東長崎機関のインフラ「せきざわ食堂」 »

コメント

otopyさん、コメントありがとうございます。

このBSE問題は、発生からだいぶ時間がたち、時間の経過と共に論点がかわってきているように思います。そして、最近は、日本=全頭検査=絶対安全、アメリカ=特定検査=不安、という構図が(日本のマスコミによって)つくられている。

でも、もともと日本でも、トレーサビリティを導入の議論のときから、全頭検査をしても2歳以下の牛については安全確認はできない、という主張はあった。つまり、まず、検査で発見可能なのは、いま月齢を20ヵ月か24ヵ月でもめていますが、とにかく2歳ぐらいにならないと検査しても発見できないというのが根本問題だと思います。だからまず「全頭検査だから安全」というのはオカシイ、検査してもわからんものを検査している、これは共通認識として可能ではないでしょうか。

では、全頭検査より安全な方法があるかというと、指摘されたのは、一つは感染経路の飼料の問題、一つは解体方法でキケンな部分を完全に取り除くということでした。けっきょく、このことは、私もいま思い出そうと思っても正確に思い出せないほど、アイマイに片づけられています。

長くなるので、近々、このブログや以前の日記で書いたことから、まとめてザ大衆食のサイトに掲載したいと思います。

いえることは、むかしから絶対安全のものはない、ということで、将来あたらしい知見での発見があるにせよ、人間はイマわかっている知見で判断して食糧を選んできたわけで、よく見えるメガネをかければ、見えなかったものが見えるし、見えた範囲で判断しなくてはならない、ということではないでしょうか。

とくに政策がからむ選択の場合は、「不安だから」だけでは、責任ある議論にならないと思うのです。交通事故は、家を出ず道を歩かずクルマに乗らなければ防げても、それじゃ生活が成り立たない。そこに「交通安全」という政策があるわけで、ワレワレはルールを守って低くない確率の交通事故にあわないようにする。

よく発がん性物質の場合は、一日の摂取量が●ppmまでなら大丈夫とか、これだって交通安全のルールとおなじで、あまりあてにはならないガイドラインですが、そのようにして安全の政策化をはかるのは現実的で、こういうことを積みかさねてきた。そういうことが必要なのに、BSEについては、まったくその基準すら見えてこないなかで、「不安」だけがあおられている。これは、どういうことなのかと思わざるをえません。

といわけで、そもそもが主要な食糧は政治だったわけだけど。これは、やはり、国民の安全や食生活の安定より、BSE問題を政治的なかけひきに利用して利得を得ようとしている連中がいる。それが、「BSEの全頭検査をして安全性を担保している日本産牛肉をアメリカはBSE発生国ということで輸入を禁止しているとか」という現象だと思います。

日本は安全が保障されない全頭検査で、実質、生産者や関係者に補助金をだし保護し、政権や政府は支持基盤を維持する、アメリカの場合は、日本の輸出牛は高級牛でアチラの儲けの大きい高級牛市場を直撃していましたから、アメリカは日本の牛など輸入したくない。というときに安全の保障にならない日本の全頭検査は「担保」どころか取り引きの材料にされてしまう。日本政府は、それを承知で全頭検査にこだわってきたフシすら見受けられます。

ともあれ、この資源の少ない狭い国で庶民のための現実的な「たんぱく質」確保は、そうは簡単なことでない、という認識が、まず必要のように思います。食糧自給率の低下は、現実的な政策選択に関心が低く、なにかあると「不安」をもとに騒ぐ、「国民感情」にも大きな問題があるように思います。

ああ、長くなった。今日は、こんなところで。

投稿: エンテツ | 2004/11/24 12:01

この本、まだ読んでいないので今度読んでみます。
確率論的には、米国産の牛肉を食べても、多分、ほとんどBSEに感染しないのではと思うのですが、0%という訳でもないので、3億円の宝くじに当たる人が確実にいるのも確か。自分がそうなる可能性も否定できないし、現在の知見から導き出された学説が将来否定されることも、ままあることだし、私が発病しても老い先短いのでどうでも良いのですが、子供だと困る・・とか理性で分かっていても納得できない問題です。
少し酔っぱらっているので論旨が・・・
 ところで、BSEの全頭検査をして安全性を担保している日本産牛肉をアメリカはBSE発生国ということで輸入を禁止しているとか・・・どういうことなのでしょうか?

投稿: otopy | 2004/11/24 02:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/2041274

この記事へのトラックバック一覧です: BSE頭を冷すために、こういう本でも読んでくれ:

» アメリカの食肉処理の現場で内部告発が続いている [BSE&食と感染症 つぶやきブログ]
昨年の、米国最大食肉加工企業のタイソン社労組の内部告発や農水省への陳情書提出、米国食肉検査官組合の告発などに引き続き、米国は内部告発が続いているようです。 ■(4/9)「米農務省はBSE秘匿の疑い」元食肉検査官が告発 http://health.nikkei.co.jp/bse/child.cfm?i=2005040904373bs&c=0 現地時間の4月12日に、カナダで公聴会と、プレスカンファレンスがあるそうです。 詳細は【笹山登生の掲示板】の発言[1... [続きを読む]

受信: 2005/05/12 23:05

« おせん婆さん83歳誕生日の日の泥酔 | トップページ | 東長崎機関のインフラ「せきざわ食堂」 »