« 不幸と幸と | トップページ | 六本木食堂、閉店のニュース »

2004/11/01

酒飲んでソルマック飲んで酒飲んで

とにかく、めずらしく、超過密なスケジュールだった。木曜日28日から、昨日31日まで、何ヵ所へ行き何人と会い何リットル飲んだであろうか、思い出すのもめんどうだ。特筆すべきは、今年のはじめは入院していた二人の「ご老人」、28日は中野の「松露」の女将、29日は小沢信男さんと一緒に飲めたことだ。よかったよかった。やはり、いつまでも一緒に元気で飲み続けたいものだなあ。と思ったのであるよ。

昨日、「酒とつまみ」で前号から始まっている南陀楼綾繁さんの連載、古本屋と酒場めぐりの取材に同行するため、ヨレヨレの肉体を葛飾区は京成立石駅5時集合に間に合わせ。「酒とつまみ」編集長の大竹さん、アヤシゲさん、セドローくん。イチローくんの立石書店近くのローソンでソルマックを調達、なんとか元気よく魅惑の立石の夜を消化した。

よって、本日は休養のため、これにてオワリ。ああ、そういえば、こんな生活をしていたら、どうなるか、という話を、昨夜は大竹さんとしていたのであった。危険だとわかっているイラクへ行くのと同じだよなあ、ワカッチャイルケドヤメラレナイ。ってことなんだよなあ、と。

残念ながら、恵比寿まで行っていながら、閉店の六本木食堂へは行くことができなかった。せっかく読者の方に教えていただいたのだが……。

やはり閉店になる浅草竜泉の不二食堂の外観の写真は撮影できた、時間がなくて暖簾が出る前のものになったが、ま、あの外観だけでも撮れてよかった。ついでがあって、浅草千束の筑波食堂の外観写真を撮って飲食。

ほか、イロイロよい写真が撮れたし、昨日の立石の岡島さん親子の古書店では、よい資料を入手できたし、激しく疲れが残っているが満足。ま、おおむねシゴトの打ち合わせも、順調であったな。この数日間、これでよかったということにしておこう。とにかく、今日は一日寝ていたい。おれはご老人だからね。若者は、ご老人をいたわりましょう。

|

« 不幸と幸と | トップページ | 六本木食堂、閉店のニュース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/1826742

この記事へのトラックバック一覧です: 酒飲んでソルマック飲んで酒飲んで:

« 不幸と幸と | トップページ | 六本木食堂、閉店のニュース »