« 「マイルドにクセがない」以後は? | トップページ | BSE頭を冷すために、こういう本でも読んでくれ »

2004/11/23

おせん婆さん83歳誕生日の日の泥酔

昨夜は、日暮里「いづみや」→鶯谷「信濃路」→「おせん」。アル中駄目野郎と三段はしごで泥酔帰宅。「おせん」は6,7年ぶりだったが、おせん婆さんはこの日誕生日で83歳、まだピンピン。鯨飲は長寿のもとか。

下、おせん婆さんと駄目野郎。駄目野郎は指名手配逃走中につき顔を出せない。どうせ見れない顔だが。

osen0411_2.jpg

下、見れないといえば、これだ、おせんの小あがりの戸。渋いねえ~こういう細工の戸は、もうめったに見れないねえ。

osen0411_1.jpg


■メモ 神保町、三省堂本店へ行ったら、まだ『汁かけめし快食學』が平積み。書肆アクセスで『粉物のすすめ 信濃は小麦粉消費大国』(長野市・柏企画)。

|

« 「マイルドにクセがない」以後は? | トップページ | BSE頭を冷すために、こういう本でも読んでくれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/2039909

この記事へのトラックバック一覧です: おせん婆さん83歳誕生日の日の泥酔:

« 「マイルドにクセがない」以後は? | トップページ | BSE頭を冷すために、こういう本でも読んでくれ »