« 年末罵詈雑言大会 | トップページ | 営業、最終日 »

2004/12/24

料理はココロ?

12月27日発行の「ちくま」1月号に、ちくま文庫から12月新刊の『禅寺の精進料理の十二ヶ月』(藤井宗哲著)の紹介書評を書いている。

こういう本の紹介は、ムズカシイね。なにがムズカシイかというと、料理の話以外の、料理とは関係ない、「人生論」に属するような記述が、けっこうあるから。その「人生論」がまた、文学的観念的であったりするとね、もう困ってしまうわけですよ。

食や料理について書く人には、食や料理をネタにブンガクしたい人とか、ブンガクしているつもりになっている人とか、けっこういるし。また、そういう「毒にも薬にもならない」著書が無難で売れて、本質や現実に関わることは、敬遠されるという傾向もある。

ま、イマの日本人の平均的な傾向が、食や料理のオシャベリにあらわれているというか。本質や現実とむきあおうとしない日本人が少なくない。「癒し」だとかいっちゃってね。これはまあ、どういうことか。

とか言い出すと、一昨夜の罵詈雑言大会の続きになってしまうな。『禅寺の精進料理の十二ヶ月』は料理のハウツーだけを実用書として読めば役にたちます。と、いえるかな。

それはともかく、「料理はココロ」だとかいっている人たちは、そのことについて、キチンと説明してほしいね。

だいたいね、カネも時間もないなかでも、冷凍食品などで急いで料理を作って、その日の安堵をかみしめる食事だってあるのに、冷凍食品を使う料理などにはココロがない、なーんていうのは失礼だよなあ。そもそも他人の生活を罵倒するやつに、ココロはあるのか。あるとしたら、どういうココロか見せて欲しい。……見なくても、わかるが。

|

« 年末罵詈雑言大会 | トップページ | 営業、最終日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/2360875

この記事へのトラックバック一覧です: 料理はココロ?:

« 年末罵詈雑言大会 | トップページ | 営業、最終日 »