« 貧しさのなかで見る夢「やどや」と「汁かけめし快食學」 | トップページ | 貧しさのなかでも食の楽しみ »

2004/12/22

優雅な貧しさ

おれが、今年は25日で営業がオワリですとか、この日記で毎日豪勢に飲んだり食べたりしている様子を書いていると、「優雅ですなあ」といわれる。

うへへへへへ、とんでもねえ、シゴトがないから25日でオワリなのですよ、来年のシゴトもないから、イヤイヤ飲み会につきあって人脈を広げ、なんとか来年のシゴトにつながりがないか、苦労しているのですわ。

昨年のいまごろは、汁かけめしの本の原稿を、せっせと書いていたのだけどねえ。つぎが出せるほど売れないからねえ。ああ、もうダメだ、オシマイだ。来年の見通しは暗いから、ヤケ酒飲んでいるのですよ。ああ、ああ、アアッ、あぅっ。しかし、なんだか、この年末は快調に飲めるね。おれ、ホントウに、トシとっているのかなあ。トシですよ。

|

« 貧しさのなかで見る夢「やどや」と「汁かけめし快食學」 | トップページ | 貧しさのなかでも食の楽しみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/2337349

この記事へのトラックバック一覧です: 優雅な貧しさ:

» 貧乏/明治時代の浅草 [梟の森]
私の父は人にすすめられ花見酒を売った。荷車に菰冠りを三つ並べ、内二つは空樽で、水 [続きを読む]

受信: 2005/02/16 09:36

« 貧しさのなかで見る夢「やどや」と「汁かけめし快食學」 | トップページ | 貧しさのなかでも食の楽しみ »