« 飯屋すずめで内田百閒さんの話 | トップページ | 酔っ払いというものは »

2005/01/26

紙メディアの魅力

さきほど、退屈男さんのブログを訪問したら、「個人メディアの時代だ」のタイトルで、1999年発行の『ミニコミ魂』の感想に続いてアレコレ書かれて、最後に「でも、やっぱり紙メディアの魅力もすてがたいよナァ」とあった。最近考えていたことなので、おもわず触発されコメントを書き残した。

HP「ザ大衆食」は、タイトルページに「遠藤哲夫が勝手につくるWeb版「ザ大衆食」」とあるとうり、紙版「ザ大衆食」から始まっている。最初は「大衆食の会通信」というタイトルだった。ワープロと手書きの切り張りをコピーして作った。ここに一部を転載している。
http://homepage2.nifty.com/entetsu/kai.htm

HP「ザ大衆食」を開設した当時は、紙版も発行を続けるツモリだったが、ナントナクこれでいいやという気分に流されてしまった。しかし、コレを今年は再開する!と決意している。

インターネットやっているひとは増えたが、やってないひとがたくさんいる。しかも大衆食の会の会員は、やってないひとが圧倒的に多い(3分の2のひとがインターネットを利用してない)。紙版を望む声が前からあったのだ。

それで気がついたのだが、やはりHPはひとりよがりに陥りやすい。それはバーチャルなメディアが本質的に持つキケンだと思う。とくにブログになって、よけいその傾向があるのだが、ブログの場合「編集作業」はないにひとしいし、HPの場合でも紙版と比べると「編集作業」はかなり雑になる。詳しくは書かないが、そのことによるマイナスは大きい。

しかも、バーチャルなメディアであるがゆえに、編集作業を経由しないイイカゲンなコトが、まるで普通であるかのように流通し、自分もそのことに鈍感になっていくキケンがある。何度か遭遇したが、前に書かれてあったことが同じ文中で、語句の訂正ぐらいならよいが、まったく違う内容に書き換えられたり、前の文がわからないように削除されてしまうということがある。つまり文章の存在自体がバーチャルで軽い一過性のものと、覚悟してつきあわなくてはならない。こうなるとメディアとしての信憑性にも関わる。こんなものとだけつきあっているのはキケンだという気持になる。

あと自分の手ごたえというのかな、紙メディアは「本当に好きな人」とつきあえる、できあがったときも含め自分の充実感が大きいなど、イロイロ考えさせられることがある。

自分が読者の立場では、やはりWEBで「読む」行為は、おれは「生活読書」という感覚を大事にしたいのだが、そういう「読書」の感覚からはほど遠い。

もちろん、ブログにはブログのよさがある、「でも、やっぱり紙メディアの魅力もすてがたいよナァ」 ということで考えると、こういうことをツラツラ思っていたので、今年は最低年に1回ぐらいは紙版「ザ大衆食」を発行しようと、低いハードルを自分に課している。

もうひとつ、まったく別の新しい紙メディアを準備していて、これはいまテープおこしの最中だから、こちらの方が先に発行になるかも知れない。

おっと時間だ。

|

« 飯屋すずめで内田百閒さんの話 | トップページ | 酔っ払いというものは »

コメント

紙の場合は、とくに個人のミニコミの場合は、カネをかけられないから、制限が多くなりますね。

その制限のなかで編集する苦労というか、緊張感というのか、そういうものがあって。

それに配ったものが、大衆食の会のひとにもいますが、ちゃんとファイルされているのを見せてもらうと、発行者冥利をかんじます。

て、ことで、なんとか老体に酒をつぎながら、またやってみます。

投稿: エンテツ | 2005/01/27 12:13

こんばんわ。

ぼくはブログでしか書いたことないのですが、たしかに気軽さが、いいかげんさにつながりかねないところはあります。いつでも修正がきくため、なんとなくの記憶で書いておいて、間違いに気づいてから修正したこともあり、緊張感が薄いのはたしか。読むばあいにも、長文であれば、流し読みになりがちです。

なんといっても、読み手としては、紙メディアに愛着があります。
それと、古本好きとして考えてみれば、紙だからこそ、いろいろなものが今にのこっているわけで、もし明日インターネット世界に大事件が起こって、すべてのHPが消えでもしたら、どうなるのか。これ、コワイですよね。

というわけで、紙の再開、いっちょ頑張ってください。

投稿: 退屈男 | 2005/01/26 22:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/2700878

この記事へのトラックバック一覧です: 紙メディアの魅力:

« 飯屋すずめで内田百閒さんの話 | トップページ | 酔っ払いというものは »