« 『大衆食堂の研究』の発端 | トップページ | 切なくも愉快な常連たちの宴 »

2005/01/08

ブログの威力か

5日の「精進料理のススメ」で吉祥寺日乗さんの記事を紹介したが、吉祥寺日乗さんからトラックバックがあった。

急いでいたので簡単な紹介だった。これまでもイロイロPR誌に書いたが、編集者や発行会社の関係者以外の読者の声というのは、ほとんど聞こえないで過ぎていくことが多い。とくに月刊の単発記事の場合は、そうだ。そういえば、広報担当セクションの上役の、わけのわからない意見だけが聞こえる、ということも少なくない。

今回のように、読者の反応がすぐわかるのは、うれしい。しかも検索で、すぐわかるのだからなあ。これぞブログの威力か。

退屈男さんのブログ、1月7日の「二〇〇四年の個人的おさらい」では、
http://taikutujin.exblog.jp/1518330/
「もっともインパクトのあった本」に『汁かけめし快食學』が。

先月21日に書いたが、「ナンダロウアヤシゲな日々」の「貧しさのなかで夢見る12冊」にも『汁かけめし快食學』あった。
http://enmeshi.way-nifty.com/meshi/2004/12/post_28.html

こういうのも、うれしいね。イロイロな競技やコンテストで入賞したことがあるけど、ベスト10入りとか10点満点8点以上入り、とかいったものより、このように「インパクト」賞とか「貧しさのなかで夢見る」賞など、ポイントがはっきりしていたほうが、うれしい。

ベスト何位とか点数とかは、評価のポイントがあいまい(スポーツの場合でもアイマイな点数制がある)か、同業業界内にしか通用しない仔細なことをあげつらねた「業界内的視点」での評価の場合が多い。

ま、そういうこと。『大衆食堂の研究』の発端のつづきは、たぶん、またあとで。

|

« 『大衆食堂の研究』の発端 | トップページ | 切なくも愉快な常連たちの宴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/2506174

この記事へのトラックバック一覧です: ブログの威力か:

« 『大衆食堂の研究』の発端 | トップページ | 切なくも愉快な常連たちの宴 »