« 「汁かけめし快食學」が教科書だと | トップページ | 1962年春の石の家 »

2005/02/26

神戸の大衆食本、いよいよ3月下旬発売

昨夜は、浅草木馬亭で、「玉川美穂子のやりたい放題! 浪曲春一番」を楽しんだ。満員の盛況。書くのめんどうだから、最近のトラックバックにある、「chomoの日記」を、ご覧いただきたい。おれのコメントもある。新宿ゴールデン街「クラクラ寄席」の案内もある。それゆけどんどん浪花節。
http://d.hatena.ne.jp/chomo/20050226#1109381029

いやあ、そしてそのあと捕鯨船でグイグイ飲みながら、なぜ三重の人間は一見おとなしそうなのに過激なのかなどを、鈴鹿出身のBOOKMAN某氏と話をしていて11時半ごろまで。帰り、電車のりすごしちゃったよ~。

ところで、さて、いよいよだ。

おれエンテツが、堂々40枚の解説(170ページ中143~169まで解説だ!)というムチャクチャをした、日本全国大衆必見の、「神戸ハレルヤ! グルめし屋・勝ったのは大衆食堂だ」オヤジ芝田 著、いよいよ3月下旬発売のお知らせ。

幻堂出版なかのさんから、表紙写真と共に案内が届いたので、ザ大衆食のサイトに掲載した。うーむ、この表紙、なかなか浪花節だなあ。いいよいいよ、それゆけどんどん大衆食堂。
http://homepage2.nifty.com/entetsu/sinbun05/kobe_gurumeshi.htm

|

« 「汁かけめし快食學」が教科書だと | トップページ | 1962年春の石の家 »

コメント

たまみほさん、ご苦労さんでした。初独演会大成功、めでたしめでたし。

貴美江さんは、一段とワザを身につけ、雪女には、この三味線しかないというかんじで。それに、あのニヒルでアナーキーには、黒い着物が似合いますなあ。髪を振り乱しながら、バチを大きくふる姿、かっこいい~。

そりゃそうと、そうですか三重系なのですか。ふんとに、濃い、過激、ですなあ。

投稿: エンテツ | 2005/03/04 12:05

エンテツさん。遅くなりましたが、ありがとうございました。貴美江に…また惚れましたね。ところで私は親は三重の産です。三重は、おもしろいです。濃いです。

投稿: たまみほ | 2005/03/04 11:18

>ちょも様

6月クラクラ寄席、なるべく都合つけます。

>シバタ様

がんがん売りましょう。

投稿: エンテツ | 2005/02/27 08:01

エンテツさん
すばらしい案内ありがとうございます。
たくさん売れるよう頑張ります。

投稿: MSHIBATA | 2005/02/26 13:33

僕のつたないレポートに合わせてクラクラ寄席までご紹介いただきありがとうございます。6月でまだ少し先ですがご都合がよろしければぜひお越しください。

投稿: ちょも | 2005/02/26 13:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/3082827

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸の大衆食本、いよいよ3月下旬発売:

« 「汁かけめし快食學」が教科書だと | トップページ | 1962年春の石の家 »