« 悩ましい料理物語 | トップページ | 悩ましい「一日一シゴト」 »

2005/03/16

悩ましい「食育」

朝日新聞社「一冊の本」2004年3月号に書いた「「食育」ナンダロアヤシゲ」をザ大衆食のサイトに掲載した。
http://homepage2.nifty.com/entetsu/sinbun05/syokuiku_asahi.htm
もうウンザリであるが。

ちくまプリマー新書の、これから発刊予定に、邱永漢さんの「故郷は残るが国は残らない」がある。
http://www.chikumashobo.co.jp/top/pshinsho/index.html
戦後まもなく邱永漢さんが「食は広州に在り」を書いたときから変わらぬ「故郷は残るが国は残らない」という主張だ。

「食育」も、故郷は残るが国は残らないから「ふるさとの味」を大事にしよう、ということならわかる。しかし、いまの食育基本法案は、故郷を滅ぼした国が、またぞろ同じ考えで、故郷は滅びてもよいが国に感謝し国を残せというものだ。すでに、政府与党の自由貿易協定積極推進で、故郷は死んでいる。

|

« 悩ましい料理物語 | トップページ | 悩ましい「一日一シゴト」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/3322997

この記事へのトラックバック一覧です: 悩ましい「食育」:

« 悩ましい料理物語 | トップページ | 悩ましい「一日一シゴト」 »