« 悩ましい「ブログ騒動」 | トップページ | 悩ましさぶっ飛ばす「市井文学」 »

2005/03/17

悩ましい「卵かけめしの基本」

サッ、新潟日報の「卵かけご飯」の記事だが。その話の前に、基本から。

卵をめしにかけて食べる。そのとき大きくは、2つの方法にわかれるようだ。1つは、卵をといて醤油で味付けしてめしにかける。もう1つは、卵をといてめしにかけまぜ、そこに醤油をたらし食べる。

たとえば卵をとかずにイキナリめしにかけるなど、それぞれまたビミョウな違いがあるにせよ、基本は、このどちらかになるようだ。

これは料理上、つまりその結果である味覚上、大きな違いになる。たかが卵かけめしだが、やってみると、料理とは、味覚とは、が、ピンとくるのではないか、ナ。さて、どちらを選ぶか、悩ましい。

|

« 悩ましい「ブログ騒動」 | トップページ | 悩ましさぶっ飛ばす「市井文学」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/3329928

この記事へのトラックバック一覧です: 悩ましい「卵かけめしの基本」:

« 悩ましい「ブログ騒動」 | トップページ | 悩ましさぶっ飛ばす「市井文学」 »