« 渋谷の田毎食堂のオヤジさん | トップページ | 「蒸す料理」簡単と単純のあいだ »

2005/03/31

大衆食そしてバックパッカーな旅人文化

きのう(正確には一昨日)のコメントに書いたとおり仮称「旅人文化振興会」なるものを立ち上げる準備中だ。一昨日(正確には一昨昨日)の夜も、その件でミーティング飲み会。ワレワレはいつもミーティングと飲み会のあいだに壁はない。

世界股旅仕事人歴25年男、背負子旅人歴8年女、背負子旅人歴13年男の座談会など中心に、中野にゲストハウス4か所を展開する「YADOYA」に滞在した外国人の話などをまとめた、会誌?のようなものも、まもなく出来上がる。さらにそのうちホームページもできるだろう。

この「旅」というのは、旅行社が企画するような「商品としての旅」「消費する旅」とはちがう。という話をしていると長くなる。ま、バックパッカーと呼ばれる人たちの旅である。安い宿に泊まり、ときには高いものを食べたりするが、だいたいは土地の庶民の日常と同じものを食べ、より安く長く旅する。思わぬ出会いがある。思わぬ発見がある。思わぬキケンもある。そして、そこには世界の大衆食の世界があるのだ。それはまた、ザック一つと畳一枚のスペースがあれば十分という旅生活でもあるのだな。

で、だね。一昨日の飲み屋で、おれの隣に座っていた男、彼とは二度目だが、オーストラリア人23歳で、昨年9月から「YADOYA」に長期滞在している。今日あたりは、おかあちゃんのオッパイが恋しくなって、ちょいと里帰りしているらしいが。で、彼はおれにむかって、自分は「オタク」だというのだ。ぐへえ~、最近のトラックバックにある「雑誌『談』編集長のBlog」の「路地」と「うま味」と「おたく」、これは日本語がそのまま「roji」「umami」「otaku」として世界共通語であるという話なのだが、その「otaku」に会ってしまったのだ。そして、さっそくおれは、茶室とワビ・サビとオタクの関係を弁じたのであるが。ま、その話しは長くなるからやめ。

旅人文化は、ワレワレのブヨブヨ「商品化された日常・非日常」「消費する日常・非日常」そのなかにいる自分をみつめるのにも、なんかよいように思う。そのオモシロイ話が、いま発刊準備中の「旅人文化」には、載っているのだ~。ああ、ブヨブヨ酔った。おしまい。

|

« 渋谷の田毎食堂のオヤジさん | トップページ | 「蒸す料理」簡単と単純のあいだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/3502938

この記事へのトラックバック一覧です: 大衆食そしてバックパッカーな旅人文化:

« 渋谷の田毎食堂のオヤジさん | トップページ | 「蒸す料理」簡単と単純のあいだ »