« B級グルメと勝見洋一さん | トップページ | とりとめなく山本益博的逸品や横光利一さん、てな »

2005/03/05

ヨッ始まった「影への隠遁ブログ」そして「定食のススメ」

ときどき当ブログにコメントをいただき、2月18日の「定食のススメ」にも、とてもオモシロイ、ブラジルの定食についてコメントをいただいている、「『第七官界彷徨―尾崎翠を探して』『百合祭』脚本担当。ピンク&「薔薇族」監督」山崎邦紀さんから、「ブログ始めました」の案内があった。

最近ブログを始めたのですが、エンテツさんの「ザ大衆食つまみ食い」に影響され、ブログの中で「愉快なフェティシズムの研究」を始めることにしました。どこが影響されたのか分からない、マイナーなものになりそうですが、その発端を短く書いています。ご笑覧ください。
「影への隠遁ブログ」
http://blog.7th-sense.sub.jp/

ってことで、3月4日「エロ本業界の友」に、おれの紹介があり、ブログを始めるに至ったオコトバがある。
http://blog.7th-sense.sub.jp/?eid=37636

なーるほろ~、そういうことをやりたいのだな。

ブログには、いろいろあるし、「編集者」や「ディレクター」といったウルセェ連中があいだに入らないから、好きなようにやれる。いろいろあってよいと思うね。自分のカネと時間でやるのなら、気ままでもいいわけだ。

おれの場合、「なにをやりたいか」が割と鮮明なほうだと思う。「何が儲かるか」「何がうけるか人気をとれるか」とかではなく、「なにをやりたいか」だけなのだ。山崎さんも、「なにをやりたいか」が鮮明らしい。

「エロ本業界の友」に登場の「愛されて死ぬよりも、憎まれて生きる方がマシ」の塩山芳明さんの場合は、「嫌われたい」ために、毎日こんなもの書いている。日刊漫画屋無駄話。ごくろうさん。
http://www.linkclub.or.jp/~mangaya/nikkann.html

そうそう、それはともかく、「定食のススメ」をザ大衆食のサイトに掲載した。山崎さんのコメントも転載させていただいた。
http://homepage2.nifty.com/entetsu/sinbun05/teisyokuno_susume.htm
どさくさにまぎれて「大新聞とるの、やめよう。NHKは、いらない」の主張もしてしまった。そのうち、「嫌われ者がオススメの定食屋」というものを、塩山さんに書いてもらいたいと思っている。

と、本日は、「エロ系」でまとめてみました。

|

« B級グルメと勝見洋一さん | トップページ | とりとめなく山本益博的逸品や横光利一さん、てな »

コメント

どーも、退屈男さん。

新聞代は本代につかうべきです。なーんてね。最近は知らないけど、以前の若い人には、転職の入社試験の時事問題対策用に新聞をとっているというひともいましたね。本は読まないけど新聞は読んでおくという。逆じゃないのと思いましたが。

やはりつくるほうも見る方も惰性に陥るってのが、よくないですよね。カネ出す価値があるかどうか、キッチリ評価しなくては。

しかし、某大衆食堂へ行くと、新聞社の競争が激しいのを利用して、1年分を6か月分ぐらいの料金でとる方法とか「研究」されていてオモシロイ。

投稿: エンテツ | 2005/03/06 00:37

いつも集金にくる好青年には悪かったのだけど、先月で新聞購読をやめてしまいました。欲しければ、そのとき買えばいい。日々、その価値があるかどうかをよく考えずに配達されてくる新聞を読むのは不健康である、という結論に達したのです。まぁ、いちおう週末に近所の図書館でチェックはいれる予定ですが。

投稿: 退屈男 | 2005/03/05 20:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/3178212

この記事へのトラックバック一覧です: ヨッ始まった「影への隠遁ブログ」そして「定食のススメ」:

« B級グルメと勝見洋一さん | トップページ | とりとめなく山本益博的逸品や横光利一さん、てな »