« 「蒸す料理」簡単と単純のあいだ | トップページ | 「観光」で東京はナントカなるのか? »

2005/04/01

ぶっかけめし食べる ホリエモン

「ぶっかけめし」でWeb検索していたら、「ホリエモンも絶賛したという「ぶっかけめし」」が載っていた。

「GENDAI NET」の「ホリエモン 常連の店へ行ってみた」
http://gendai.net/contents.asp?c=051&id=15723

ここに載っている、六本木『海南鶏飯食堂』の「鶏飯」も、ぶっかけめしじゃないのかな。タイの汁かけめし、ダッグライスに似ているような。ふーむ、ホリエモン、ぶっかけめし食べるのか。ふーむ、では、ホリエモンを応援せねば。

「時代が動くとき、汁かけめしを食べながら上昇する庶民がいた」とか『汁かけめし快食學』に書いたが。アクティブ アンド アグレッシブな活動には、汁かけめしがつきまとうのか。いま、丼物が話題のようだし。うーむ。

ということもありまして、とは関係ないのだけど、このあいだの日本の汁かけめし「冷や汁」に続き、ザ大衆食のサイトに「タイの汁かけめし ダッグライス」を掲載した。
http://homepage2.nifty.com/entetsu/sinbun05/tai_meshi.htm

そこにも書いたが、これは『汁かけめし快食學』の原稿が進行していた、一昨年末だったか昨年始めだったか。バックパッカーで写真家の山本真梨子さんがバンコクへ行ってくるというので、じゃあ本に載せたいからダッグライスの写真を撮ってきてとお願いして、写真は頂戴したのだが、本には載せる余裕がなく、そのままになっていたものだ。うまそうな、ダッグライス。よだれ~

|

« 「蒸す料理」簡単と単純のあいだ | トップページ | 「観光」で東京はナントカなるのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/3520070

この記事へのトラックバック一覧です: ぶっかけめし食べる ホリエモン:

« 「蒸す料理」簡単と単純のあいだ | トップページ | 「観光」で東京はナントカなるのか? »