« こういうの、いいな、のサイン会 | トップページ | 高田渡さん逝去 »

2005/04/16

東京かけめぐり立川談四楼のち蔵くら

予定変更で11時に京成曳舟駅まちあわせのためウチを9時半に出る。キラキラ橘商店街を軸に京島1~3丁目の路地横丁をくねくね歩き回り。押上へ出て押上食堂で昼飯。五年ぶりぐらいか? のち東向島6丁目界隈をくねくね。時間がないためもあって墨田3丁目や東向島1丁目をパスしたのがいけなかったが。全部歩くには一日いるからなあ。でもまあ「向島の力」はキラキラ橘商店街界隈で十分。東武曳舟駅から亀戸線で亀戸、砂町銀座。創業70年のミルクホール「銀座ホール」で一休みのち砂町銀座踏査。ああ、よく歩き回った。

まだまだある。大島駅から新宿で乗り継いで下北沢へ。下北沢だって路地横丁の街だが、なぜかそういう雰囲気に欠けるね。やはりニンゲンの問題か。6時半、北沢八幡神社の立川談四楼独演会。ますますアブラがのって、頭もテカテカでいいねえ。いやハナシもさ、毒針がきいてるし。太田尻家と合流。のち蔵くらでくらくらビール。Aさん、最近は経堂の古本屋E書店でアルバイトだって、「えっ、フルボンなんかに興味も持ったの?」「そうなんですよ」「げっ、あんなものに興味持ったら、ロクな男と結婚できないよ、ナンダロウアヤシゲというひと知っている?」「会ったことはないけど、知っています」「ああ、もう最悪。ああいう男と結婚することになったら人生メチャメチャだよ、お先まっくら。こんど連れてきて見せてやるから、見ればワカル、やめたがいい、さっさとフルボン界から足洗って、まっとうな道にもどりなさい、そうだろフルボンの男たちロクなのがいないだろ!」「はあ、そういわれてみれば、でも」「だめだめ、だいたいねフルボンなんかいまはハヤリだけど、すぐ廃るから食べていけなくなるよ。しかし近ごろのフルボンブームは新興宗教のようにこんな若いムスメまでたぶらかして道をあやまらせる。その元凶はアヤシゲやカオザキか、そうそうセドローもいる、そのうちあいつら古本つんだ上で裸踊りの刑だ」という話をしたかしなかったか酔っていて覚えていない。とにかく、ああ、やっと無事にウチに帰ってきたぜ。

という、きのうというか午前様でした。さて本日は。

|

« こういうの、いいな、のサイン会 | トップページ | 高田渡さん逝去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/3722806

この記事へのトラックバック一覧です: 東京かけめぐり立川談四楼のち蔵くら:

« こういうの、いいな、のサイン会 | トップページ | 高田渡さん逝去 »