« 来週13日、再び「はなまるマーケット」に登場 | トップページ | 「美食の文化史」と「カレーライスの話」 »

2005/04/09

立石ゑびす屋食堂と赤坂思い出ふらふら

一昨日、立石でゑびす屋食堂に入ったので、以前外部の写真だけ掲載していたページを更新し写真と記事を追加した。
ザ大衆食「ゑびす屋食堂」
http://homepage2.nifty.com/entetsu/s/ebisuya_tateisi.htm

きのうの話だが、赤坂のTBSでビデオ撮りが終わったあと、赤坂見附界隈をフラフラした。そのあたりは、70年代80年代に、かなり刺さっていたところだ。

70年代中ごろは、山王近くのビルに事務所を持っていた某大物代議士関係のシゴトをやった。その事務所によく出入したし、秘書連中と界隈を飲み歩いた。おなじころ、某大手不動産会社のシゴトで、界隈の飲食業調査をした。溜池通り赤坂見附と一ツ木通りのあいだは、路地横丁の多い地域で、その調査のとき初めてくまなく歩いたのだが、駄菓子屋が一軒あったのには、驚いた。当時まだ、そこで買う子供達が路地にたむろする風景があったのだ。しかし、その駄菓子屋がどのへんにあったかすら思い出せないほど、変わってしまった。一軒だけ、見覚えのある美容室があった。

80年代は、一ツ木通りに知人と事務所を持った。そのころ界隈の飲み屋で、大きなビルのオーナーと知り合い、なぜか気に入られ、普通じゃ入れない赤坂のクラブなどを飲み歩くことになった。電車がなくなると、ハイヤーを使わせてくれたり、赤坂東急ホテルに部屋をとってくれたりで、豪遊を重ねた。女性も好きなようにといわれたが、そういうシュミはなかった。白人と日本人は、一泊5万円が相場だった。「高級コールガール」という。そのころ、よく入ったクラブ、二軒のうち一軒は、まだあった。もう一軒は見つからない、それらしいビルはあったが、半分以上が空きになっていた。政治家たちが利用する料亭も、いまじゃ、見かけは「和風」であっても「近代建築」だし、道路はタイル張りだ。そうそう以前は人力車屋が、観光じゃなく、あったのだが。

ビルのオーナーと知り合ったのは、向田邦子さんの姉だか妹だかの店「あ・うん」の近くにあった、古い木造の大衆酒場だったが、そんなものはもうない。246側にあった立ち飲みも、もうない。一ツ木通りの事務所の近くには、名前を忘れたが有名なシャンソンバーがあった、その近くには、魚屋もあった。みんなもうない。おっと畳屋が残っていらア。でも看板だけ。うーむ、あのころは……おれは、けっきょく、あのころの赤坂見附界隈のチンチャラ派手な空気に染まっていれば、こうまで貧乏暮らしじゃなかったのかも知れないが、なにしろ性分というものだろうか、金持と権力者と有名人と文化人は肌に合わない、自分のカネをケチケチしながら呑む貧乏労働者系たまり場が好きだったのだなあ。なにせ田舎者だからねえ。だんだん赤坂見附界隈の人脈からは遠ざかった。

とか、思い出ふらふらやって、写真など撮っているうちに、そうだ天気がよいから、ついでに新宿4丁目の貧乏労働者系、むかしの地名じゃ旭町、南口のドヤ街がどうなったか見ておこうと、行ってみた。いやあ、思いついて行ってよかった。明治通りに面してある天竜寺裏のクニャクニャの路地。むかしは入っていくのに勇気がいった一角に、1960年代に見たドヤの典型の建物がポツンと残っている。多くは新しいビジネスホテルになったり、地上げされたりだが、まだ残っている棚式のドヤがあるのだ。二階の窓が二段になっている建物ね。あれは、いまはどうか知らないが、一つの階を棚で上と下に仕切り、それぞれに宿泊者を収容できるようになっていた。それが一軒だけ残っていた。写真パチパチ。いやあ、赤坂見附と対極だね。ここに、こんなドヤがあるなんて、表通りの新宿南口やタカシマヤスクエアーあたりをチンチャラしているやつは知らないだろうなあ。ま、それが「都会」というものだが。光と影は背中合わせ。通り一筋ちがえば別世界。新宿南口は、むかしはJRAとドヤで栄えたところ。ちょいと怖かったところさ。その話しは、また。

新宿区新宿4丁目のドヤ、写真だけ掲載


|

« 来週13日、再び「はなまるマーケット」に登場 | トップページ | 「美食の文化史」と「カレーライスの話」 »

コメント

立石はオモシロイところですなあ。まだ行くチャンスがあるでしょう。

投稿: エンテツ | 2005/04/17 07:25

2週続けて立石に行きながら、ゑびす屋食堂に立ち寄っていないこと、反省しております。

投稿: はくぶん | 2005/04/17 00:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/3623739

この記事へのトラックバック一覧です: 立石ゑびす屋食堂と赤坂思い出ふらふら:

« 来週13日、再び「はなまるマーケット」に登場 | トップページ | 「美食の文化史」と「カレーライスの話」 »