« BOOKMANの会のち休み | トップページ | 芋がらのオドロキとヨロコビ »

2005/05/27

快方へ

風邪は病気のうちに入らないというけど、やはり二日酔いよりは悪いな。

しかし二日酔いで寝ていても、いつも優しい同居のツマは知らん顔であるけれど、風邪で寝ていると、いつも優しい同居のツマは、ふだん食べたことのないウナギ蒲焼の国産のいいところを買って来て「はやく元気になってね」と言ってくれたりするから、ぐふふふふふ、いいねえ~。明日になったら、「もうコレ飲んでも大丈夫よ」って、ぐへへへへへ、ふだん飲めない大吟醸とか買って来てくれるかもな、優しい同居のツマだもの。って、このブログを見られているから書いておこ。

ガキのころは、風邪で寝ていると、親が葛湯をつくってくれたな。葛湯といっても、片栗粉をねって砂糖たっぷり入れて甘くしたの。あと、リンゴとかすってくれたり。そのていどだったかな?

ま、ぼちぼち、快方へ。

|

« BOOKMANの会のち休み | トップページ | 芋がらのオドロキとヨロコビ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/4302590

この記事へのトラックバック一覧です: 快方へ:

« BOOKMANの会のち休み | トップページ | 芋がらのオドロキとヨロコビ »