« 芋がらのオドロキとヨロコビ | トップページ | 家庭にあるべきコト »

2005/05/29

山が呼んでいる

故郷の山が呼んでいる。巻機山。

魚沼の四季
http://takitaro.web.infoseek.co.jp/

ザ大衆食「巻機山」 つまりおれと巻機ね
http://homepage2.nifty.com/entetsu/makihata.htm

おれの故郷は、新潟は越後だけど、上杉景勝は関が原で東軍につかなかったから山形の米沢にとばされて、越後の国は細かく分けられ徳川の親藩に支配された。んで、おれの故郷の六日町のあたりは会津藩で幕末をむかえ、「官軍」とかいう国家強奪軍と戦ったね、戊辰戦争だ。おれの父系は百姓で、本家の曽祖父に当たる男が百姓なのに、攻め入る国家強奪軍と戦うため志願し、斥候に行くんだが、だらしなくもつかまって、六日町にある八坂神社の鳥居に縛られてしまった。ところが国家強奪軍は長岡へむかって先を急いでいたらしく、処分されるはずだったのに、忘れられたのかそのまま置いて行かれてしまった。おかげでイノチが助かった。

うちの本家には、そのとき国家強奪軍が踏み込んで、押入れや人が隠れていそうなところを槍や刀で刺していったそうで、おれがガキのころでも長持ちといったかな?人が何人も入れそうな大きな木の入れ物があって、槍を刺したあとが何ヵ所もあったのを見せられた。そして、もしそのとき曽祖父が殺されていたら、まだ結婚前だったから、おまえもおまえの父ちゃんもこの世にいなかったのだ、といわれた。ガキのころ、そういう話を何度も聞かされた。

小泉が靖国神社に参拝などしているが、靖国神社は、その国家強奪軍が勝てば「官軍」ってことで、その兵士だけを「天皇の兵士」として弔うためにつくったもので、おれの先祖などを「賊」扱いする神社なのだ。日本の民に敬われてきた古来からの日本の神社とはちがう、つまり新興宗教団体のようなものだ。個人的信仰は自由だが、首相が参拝となると靖国神社のそのような政治性つまり天皇の威を政治的に利用する不埒とみなされて当然だろう。ま、小泉は、そういう男なのさ。中国関係だけじゃなくて、おれのような「賊」の末裔にもコトをかまえようという、ようするに「有事」が好きな男なのだろうな。

あーなんの話? とにかくおれは殺されそこなった「賊」の血だってこと。 賊だぞ賊だぞ。山が呼んでいる~

|

« 芋がらのオドロキとヨロコビ | トップページ | 家庭にあるべきコト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山が呼んでいる:

« 芋がらのオドロキとヨロコビ | トップページ | 家庭にあるべきコト »