« 夏前からシッカリ食べる | トップページ | 飲み食いどころ 太田尻家一周年 »

2005/05/03

ハッピーラスベガスはハッピーだぜ

なんとなくアレコレ忙しくしているのだが、どうも世間が大型連休なんていっているとシゴトに身が入らない。そこで、きのうの日記に書いた、『ハッピーラスベガス』をパラパラ見たりしたら、これがオモシロイ、はまってしまった。おもしろいぞ~、あっこ。

こういうのは「旅行ガイドブック」という先入観があるから、旅行に行かないのに読む必要はないと、ほとんど手に取ったことはないのだが、これは旅行とかなんとかよりアメリカの一つの風俗ルポとして、すごい面白い。

しかし、アメリカという国は戦争も好きだけど、遊ぶのもドはずれて好きじゃなあ。イカレているのか、ホンキなのか、ジョーダンなのか、その境目が混沌としているって、それは見方や気分によっては、アメリカが好きな「自由」ってことだろうけど、そのへんは、まさにアメリカじゃないか。東京あたりにカジノつくっても、こうはならんだろうから、やめたほうがいいよ。「自由」ってのは、ある意味、かくアナーキーじゃないとな。それでこそ、自分のことは自分で、という「自由」なわけで。

で、まあ、この本は、女だけ10人の「ハッピーラスベガス取材班」ってのが、遊びまくり食べまくりハジけまくって、書いているのだけど。通称あっこ、のなかあき子さんは、その一人。彼女は、たくさん著書があるけど、そしてブンガク的に気どったライターどもはバカにする実用書類風俗系下積み労務者フリーライターであるけど、こういうの書くの、ほんと、うまいね。愛人だから褒めるわけじゃなくて。

いやいや、そういうことじゃなくて、この本は、その10人の女性ライターだが、日本から行った「旅行者としての視点からハイテンションな取材をする」スタッフと、現地フリーペーパー『ようこそラスベガス』スタッフならではの「ディープな情報」、さらにハワイ在住のスタッフが大人な情報……というぐあいに、それぞれ違った視点で書いているんだが、それがうまくいっているようだな。

そして、思ったのだが、これが男のスタッフだったら、どうか? 別冊宝島やB級グルメものに、よく見かけるが。どうも男というのは、見栄をはるというか、かっこつけたがるというか。それぞれの視点をキチンとまっとうするより、自分を偉そうに見せる山っ気が先で、違う視点のスタッフが一緒につくりあげるという意識もなければクソもないというかんじで、ヘタするとこれを足場に有名になってやろうというセコイ意識が働いた余計なウンチクや過剰な形容が多くなったり。

まあ、それで、さらに思ったのだが。よくある話、たとえば雑誌の飲食店の取材記事を見て、地元の常連が「コレはちがう一度来たぐらいじゃわからんだろう」とか言ったりして地元民常連意識丸出しストリップする。しかしだよ、訪問者は訪問者の視点で見ているのだということをゼンゼン理解しようとしない。ようするに自分は長く住んでいるから正しい! おれは地元だから正しい、おれは地元だから詳しい、おれは地元だから深い、おれは地元だから常連だ、おれは地元だから愛人だ、おれは地元だからやったことがある、そういうたぐいの威張りだけで、コトをみる連中がいるんだな。地元民だからバカかもしれない、とは思ったことはないような。まあ、「江戸っ子」を自慢する田舎者もいます。東北の人間の方言はバカにするが、自分たちの方言は「江戸っ子だぜ」と自慢そうに使う。余所者とうまく付き合えない、単なるセコイ島国根性。

一見の訪問者と地元常連が同じ視点もったら、そりゃオカシイ、それこそオカシイ、ということを考えてみる必要があるわけだが、まったく考えない。ここは、おれのシマだとね。ああ、あんた、そういう小さな了見で小さな島で殿様でも大王様でもやっていなさい。おれはほかにも面白いとこあるからそっちへ行くよって、こと。東京に何軒飲食店があると思っているんだい。

ひとに言われて気がつく、別の視点があるから面白い、別の視点があるから視野が広がる、そういうことは世の中にたくさんある。そういうことゼンゼンわかってないのがいるね。そういうの視野が狭いから「田舎者」といったりするけど、田舎者をバカにするな、東京人にも、いくらでもいる。たくさんのことを数秒から数十分で見て歩いているひと、半世紀おなじものを見続けるひと、旅人もいれば定住民もいる、いろいろなんだよな。

そういうことを思ったりしたわけだ。ああ、話がとんでもないとこへ転がった。とにかく、ハッピーラスベガスは、いろいろな視点での取材があって発見が多い、ハッピーだぜ。

|

« 夏前からシッカリ食べる | トップページ | 飲み食いどころ 太田尻家一周年 »

コメント

どーも、ごくろうさんでした。
ああ、もう、また出かけるのかい。旅もいいけど、亭主の腹をムチで打つ女王様の手をぬかないよーに。

投稿: エンテツ | 2005/05/04 07:13

ああ、以前ここに書き込もうとしたら
文字化けしたのですが今日は大丈夫ですら。
先日はお越しいただき&お買い上げいただき
ありがとうございましたたた!
&おもしろくお読みいただけたようで、ウヒヒ、
ありがとうございます〜んんん!
ということで(?)
あと数時間後にハッピー某国へ出発〜っフフフ。

投稿: あっこ | 2005/05/04 01:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/3963782

この記事へのトラックバック一覧です: ハッピーラスベガスはハッピーだぜ:

« 夏前からシッカリ食べる | トップページ | 飲み食いどころ 太田尻家一周年 »