« ハッピーラスベガスはハッピーだぜ | トップページ | 「御飯」のもと »

2005/05/04

飲み食いどころ 太田尻家一周年

世田谷区小田急線経堂の飲み食いどころ「太田尻家」は開業一周年。
http://homepage2.nifty.com/entetsu/sin/ootajirike.htm

太田尻家のホームページ
http://www.ne.jp/asahi/ootajiri/ke/

先日、ご夫婦に会ったら、「この1年のことは一生忘れません」と言っていた。そうだろう。モノヅクリが好きとはいえ、飲食物を提供して自分たちがくえるだけのカネをいただくことは、学芸会やママゴトとは違う。すべてに、極端な話、自分のクソする時間まで金銭が関係する、神経をつかう。それを週に一日休むだけで一年間。ま、説明の必要はないだろう。ごくろうさま。まだ続くのだけどね。

ときどき、このブログやザ大衆食のサイトをごらんになって、飲食店を開業したいのだけどアドバイスをというメールをいただく。なるべく丁寧に返事を差し上げるようにはしているが、小規模になるほど、立地や資金などの条件が、どう儲けるかのプランに関係するから、丁寧に返事をしても具体性に欠けることになる。ま、自分で研究してやっていただくほかないのだ。

最近気になるのは、グルメマンガやテレビの影響と思われるコンセプトで開業しようとする人が多いように思う。小さい規模で始める場合は、小さい成り立つエリアをシッカリ押さえ、かつそこからの売り上げで利益をだすことが先決で、全国的に通じるようなコンセプトは必要ないのだが、どうしても何かの影響で、材料はどこどこの「よい素材」でという類の抽象になってしまう。グルメマンガの料理人の話みたいなのだ。

プランというのは、どこでどう儲けるかにつきるわけで、そうでないと観念的なものになってしまうし、どこでどう儲けるかに欠けてはプランとはいえない。観念的な評判や名誉は、成功すればつきまとってくるもので、最初から自分で計画するものじゃない。

ま、とにかく、太田尻家を、これからもよろしく。

|

« ハッピーラスベガスはハッピーだぜ | トップページ | 「御飯」のもと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/3973450

この記事へのトラックバック一覧です: 飲み食いどころ 太田尻家一周年:

« ハッピーラスベガスはハッピーだぜ | トップページ | 「御飯」のもと »