« ハシの置き方 | トップページ | 昨日の続きはまた明日 »

2005/06/17

南陀楼綾繁とアヤシイおしゃれな夜だった

だははは、午前1時すぎ~、酔ってないぞ~

夕方になって出かける用ができたが、赤羽で会って資料を渡すだけだ。そのあと、どうする? あの男に電話した。

「ああ、もしもしエンテツだけんど、カミサンはアメリカへ逃亡していないんでしょ」
「ええ、寂しくてしかたありませんよ~」
「じゃあさあ、パーッと遊ぼうよ、カミサンがいないときの遊びなら、ホラ吉原ソープですよ」
「いいですねえ、行きましょう行きましょう」
「行きましょう」

出がけに郵便箱のぞくと、えっ、京都の林哲夫さんから。電車に乗って、ナンダロウアヤシゲと思って、封を開けると、ぎゃあああああ、『関西文学』だ。ここんとこ「書評のメルマガ」や当ブログで「文学」をゲロゲロしているから逆襲か。ははん、特集が「食で読む百年の日本文学」だ、おっ、林哲夫さんは「にぎりめしと焼き芋の愚直」とななな、よっ吉田健一さんについてもかなり書いていらっしゃる。ぬむむむ、おもしろい。この件は、明日か後日ということにしよう。とりあえず、林さん、どうもありがとうございます。

って、着いたのが、なーんだ吉原じゃないよ、なぜか入谷のライブハウス「なってるハウス」なのだな。げげげげげ、先に着いていた、南陀楼綾繁さんがニンマリ笑っている。無精ひげ。

と、ちょいと久しぶりにアレコレ話しているうちに、綾繁さんが、おもむろ取出したるは、来月発売の最新刊の折帳。手にしてパラパラパラ、おおおっ、コレッ、すごいじゃないですか! すごい、すごい、という言葉が機関銃の玉。いやあ、スゴイ本。

出かける前に届いていた「書評のメルマガ」vol.218で、綾繁さんが紹介していた、この本の折帳だ。
ほんと、すばらしい。チェコのすばらしいデザインのマッチラベルが、ドドーッと、ただ並んでいるだけじゃない、そこは綾繁さんが編集したのであるから、ちゃんとカテゴリーに分類されていて、絵本を見るような。それに、綾繁さんならではのマニアックなテキスト。いやあ、しかし、じつに、オシャレ~なつくり。これが2000円は、ゼッタイ安い!

■南陀楼綾繁のホンのメド  
------------------------------------------------------------------
【トピックス】
★チェコのマッチラベル本が出るぞ
 ピエ・ブックスから、南陀楼綾繁編著『チェコのマッチラベル』という本が出ます。社会主義体制下の1950~60年代に、チェコスロヴァキアで製造されたマッチラベル800点弱を、すべてカラーで収録しています。プラハのコレクターの所有していたマッチラベル・コレクションを、南陀楼が譲り受けたものがベースになっています。どのラベルも、シンプルな色使いながら、豊富なアイデアにあふれた魅力的なデザインです。
 また、当時発行されたマッチラベル蒐集のための情報誌や小冊子から、興味深い記事を抜粋して翻訳したり、チェコ最大のマッチ会社SOLOがあり、「マッチの街」として知られるスシツェの年表を掲載したりと、1色ページも充実しています。
 日本初ばかりか世界でも初の、チェコのマッチラベルの全貌を明らかにした本です。ぜひ手にとってみてください。書店さんも置いてね!

A5サイズ、192ページ(モノクロ48ページ) 本体1900円
2005年7月中旬発売
http://www.piebooks.com/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

チェコの音楽も小説も好きだし、とくに絵本がいい、チェコのデザインというか絵心は、ほんとスバラシイねえ。ビールもうまいらしいけど、行って飲んだことないよ~。しかし、マッチラベルに、あの人口呼吸のマニュアルのような絵柄は、なんだあ?

とスゴイスゴイのうちに始まったライブは、これまた、ちょいとオシャレ~なフンイキでしてね。

ああ、眠くなった。続きは、寝ておきてから。

いやあ、とにかく、おれと綾繁さんが、オシャレ~な本と音楽でありますから、鬼も笑いそうな夜でした。でも、おれはともかく、綾繁さんは、けっこうシャイでオシャレなのですね。

そうそう、とにかく、これで、綾繁さんの紙クズがクズではなく、宝の山に化けるのだというのが証明されるでしょう。

南陀楼綾繁さんの「ナンダロウアヤシゲな日々」
http://d.hatena.ne.jp/kawasusu/

林哲夫さんの日記
http://www.geocities.jp/sumus_co/daily-sumus0506.html

ああ、眠い眠い。


|

« ハシの置き方 | トップページ | 昨日の続きはまた明日 »

コメント

どーも、綾繁さん。

2000円が2500円でも安いし、ゼッタイ買いですよ。

あれは、ホント、楽しい一生モンの本ですなあ。

投稿: エンテツ | 2005/06/18 01:55

エンテツさん、昨夜はどうも。
マッチラベル本ですが、編集者のデータの書きマチガイで、定価は2200円+税 でした。
道理で安いと思ったんだよなー。でもコレでも安いです。

投稿: 南陀楼綾繁 | 2005/06/18 00:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/4587440

この記事へのトラックバック一覧です: 南陀楼綾繁とアヤシイおしゃれな夜だった:

« ハシの置き方 | トップページ | 昨日の続きはまた明日 »