« 中野45番街 松露 | トップページ | ついに、写真が、「大衆食堂 峠茶屋」 »

2005/07/05

選挙とは、そういうものなのか

いま夜中の2時半だ、内澤旬子ばあさんのブログみたら、今回の都議選の選挙運動の訪問と思われる話がある。選挙が終わるまで書かないほうがよいかなと思って控えていたが、おれの知り合いにも、おなじようなことがあった。

それは、都内に住むおれの知人の奥さんの、故郷の小学だか中学だかの同級生の知り合いというひとが、奥さんの同級会の名簿を見てということで、まったく知らない人なのに、まあ遠い地方から夫婦で訪ねてきたのだそうだ。それがグウゼンらしいのだが、二組も、なのだそうだ。

その、おれの知り合いのご夫婦は、いったいどこまでアノ人たちに知られているのだろうかと、すごい気持悪くなって、選挙には行きたくないし関わりたくないと言っていたが、かなり内澤さんの話に似ているから組織的なんだろう。

おれは、その党というか支持団体関係者に知り合いがいて、そういう人ばかりじゃないのを知っているから、そういう話もしたのだが。たしかに、こちらは知らないし地域も何も関係ない人が、トツゼン選挙だからといって訪ねてきて、しかも一方的に自分たちの支持政党の話をし、かなり特定政党に対するいわゆる「ネガティブキャンペーン」のようなことを言い、去っていくのは、イジョーで怖く思うのは普通なのではないかと思った。

でも、その支持団体が支持する党は議席をふやしました。でも、投票率は下がりました。でも、いつも選挙が終わると、自分の党が勝った負けたの話ばかりで、投票率を下げた責任は誰も負わない。かくて、投票率が低いほど有利な組織基盤を持った政党が議席数をふやす。おれは知ったことじゃないが。

しかし、法にふれなければなにをやってもいいという宗教は、あまりにも寂しい。

|

« 中野45番街 松露 | トップページ | ついに、写真が、「大衆食堂 峠茶屋」 »

コメント

どーも、退屈男さん。個人崇拝とセットの個人礼賛いうことじゃ、日本も、まだまだ可能性があって、どうなんでしょうか、北朝鮮の上をいく楽しみがあるような。

まあ、ブログもいろいろな人がやっているから、お互いテキトウに楽しみたいものだけど……、けっこうヤバイこともあるようだから、用心しながら発言……、でも、個人崇拝や上意下達の話が堂々とやれて、それに反対する意見が言いにくいってのも、なんかおかしい空気よなあ。

なんか、よくわからんから、まあ、おれの場合は、酒のんでいます。退屈男さんの場合は、本を読むか。あははははは~

投稿: エンテツ | 2005/07/06 00:19

けっこう前の話ですが。
ある読書系ブログを覗いていたら、ふだんはマトモな内容だったのに、その回はI・Dセンセーの御本を大絶賛!という内容。それ以来そのブログは読むのをやめた、ということもありました。いやはや。

投稿: 退屈男 | 2005/07/05 19:36

どーも、たまみほさん。今日は、暑くなりそうです。

そういえば、おれと同じサイタマケンミンでしたな。最近は、うちには買うカネもないのに、マンションの勧誘電話が多くて、電話というのは、相手の顔がみえないし、平和な家庭?にトツゼン呼び出し音が乱入するわけで、不気味で不愉快このうえない。

うちは電話番号を非公開にしているので、知らないひとから電話がかかってくると、どこで電話番号を知ったか問い詰めます、すると相手はタチマチ退散。

投稿: エンテツ | 2005/07/05 11:48

このたびの選挙では私もオドロキマシタ。電話で特定政党への投票を頼まれる。これが一人からじゃない。それもふだん私に電話をかけてくるような間柄じゃない人から。サイタマケンミンだと言ったときにそっけなく電話を切ること。不気味で不快。

投稿: たまみほ | 2005/07/05 11:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/4834476

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙とは、そういうものなのか:

« 中野45番街 松露 | トップページ | ついに、写真が、「大衆食堂 峠茶屋」 »