« 「いかがわしさ」の高度な諸問題 | トップページ | なぎら健壱流「B級」? »

2005/08/23

「駄」と「雑」と「B級」

「B級グルメ」という言葉は、できるだけ使わないようにしている。というのは、「B級映画」と比べてみるとわかりやすいと思うが、「B級グルメ」の「B級」は、経済的な概念であって、文化的な概念ではない。つまり経済的な安物を意味するだけで、文化的な「B級」ではないような、ギマンやムジュンを感じるからだ。

「B級グルメ」には、「駄」や「雑」といった「B級」の文化を楽しむより、経済的な安価な大衆値段のもので、純粋でエリートな「A級」の文化を楽しもうというような、イヤラシイ根性があるように思う。

安物を利用して、自分は正しい賢い「A級」な人間であるかのような陶酔や演出をする、それがコンニチの「B級グルメ」であるような感じがする。もっと単純に「駄」や「雑」を楽しむのでなければ、「B級」とはいえないのではないか。「駄」や「雑」は、サラブレッドではない、「いかがわしい」のだ。

|

« 「いかがわしさ」の高度な諸問題 | トップページ | なぎら健壱流「B級」? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/5595318

この記事へのトラックバック一覧です: 「駄」と「雑」と「B級」:

« 「いかがわしさ」の高度な諸問題 | トップページ | なぎら健壱流「B級」? »