« マスヒロ本、そして西江雅之 | トップページ | 揚羽屋のオヤジが死んだ »

2005/08/06

大発見、大発掘、うらぶれうらぶれ

きのう、夕方になって何気なしフラフラフラと西日暮里へ。うらぶれ竹屋食堂でイッパイ駅そば飲み屋でイッパイ、いい気分で、フラフラフラと「古書ほうろう」へ。「ふちがみふなと」か「ふちがみ」のCDを欲しかったが見つからず。「古書モクロー」棚に、辰巳ヨシヒロの「大発掘」と「大発見」を発見。どちらも800円を消して700円。値段を記入したモクローくんのイラスト入り伝票に、「大発掘」は「フツーに生きたいだけなのに、常に不幸になってしまう男たち」、「大発見」は「辰巳ヨシヒロのうらぶれ加減に学べ」のコピーとな。ええじゃないかと購入。カウンターで、ヤマザキさん?女性の方に、この本は今日入れ替えたばかり、と聞く。じゃあ、それにひきよせられるように、フラフラフラ西日暮里まで来たのか、と考えるとロマンチックだが、どうもモクローくんじゃ、そういう気分にならんな。

フラフラフラ帰り、北浦和「志げる」で、その本をみながら、ホッピーぐびぐびぐび。ああ酔った酔った。うらぶれ加減ならおれも負けてませんぜ、ま、フツーに生きているし、もともと「不幸感覚」が欠落しているから、うらぶれていてもイツもシアワセ。だははははは、竹屋食堂とその客たちみたいだ。と、日記風に書いてみた。

「大発掘」の一昨目は「地獄」で、「昭和46年8月6日広島平和公園」から始まる、「昭和20年8月6日午前8時広島上空で炸裂した一発の原子爆弾は瞬時にしてこの世を地獄と化した」

|

« マスヒロ本、そして西江雅之 | トップページ | 揚羽屋のオヤジが死んだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/5331391

この記事へのトラックバック一覧です: 大発見、大発掘、うらぶれうらぶれ:

« マスヒロ本、そして西江雅之 | トップページ | 揚羽屋のオヤジが死んだ »