« 怒るド田舎の食料品店 | トップページ | またもや「功利あって合理なし」 »

2005/09/03

おかあさんのカレー

って歌があると聞いたけど。いまハヤっているのかな? これは、トウゼン、汁かけめし、ぶっかけめしのカレーライスだろうね。おれのばあいは「おかあさんのカレー」といったら、それっきゃないよ。と、おもうのだが、どうなのだろうか。そろそろ、キッパリ「カレーライスは汁かけめし!」といえようになって欲しいね。

しかし、イマ外で選挙カーがうるさいのだが、おれのように郵政民営化に反対するものを、改革をさえぎるものだといって、まるで「国賊」のようにノノシルの、やめて欲しいね。その話には、内容がないよ。そういうレッテルはりが、あんたら「改革」派の選挙なのかい。自分たちだけが改革の英雄かなんかのつもりなのかい。わあああ、自己陶酔、スバラシイ。郵貯数百兆円を国際資本に丸投げする「改革」って、そんなにエエことなのかい。ま、自分たちに反対するものは、みな国賊あつかいの政権なんてのは、およそ説得力がないよな、クダラネエ~。ああ、それからついでに言っておくが、選挙をキケンするのは、まるで罪なことのようにいうひとがいるけど、そんなことはないよ。この財界とマスコミに支援された「改革」できレースの選挙なんか、ばかばかしくてねえ。「一票の重み」なーんていう言葉にのせられて、わけのわからん投票をするもんじゃないよ。『汁かけめし快食學』を読んで、力強くめしをくい、力強く生きようぜ。って、ことさ。

|

« 怒るド田舎の食料品店 | トップページ | またもや「功利あって合理なし」 »

コメント

ボンさん、どうも、おはやいですね。「おかあさんのカレー」って、そういうことだったのですか。

しかし、ブログも、だんだん独自性の魅力がなくなり、井戸端会議なみの話だらけで。既存メディアの延長、話題づくりマーケティングの道具というかんじも色濃くなってきて、シラケますね、どうもツマランですねえ。

ときどき、やめちゃうか、もっと内容をボンさんみたいに絞った濃い独自なものにしなくてはなあ、と、思いながら酒をのみ、そのままの状態です。

投稿: エンテツ | 2005/09/04 07:07

おかあさんのカレーは、
大阪ABCラジオの全力投球という
朝の人気番組がお遊びで作って
流したもので、反響が大きく、CD化
したらオリコンチャートにも登場した
ほど当初は話題になったものです。
おかあさんが子どもとカレーを作る
情景を歌った、たわいない歌ですが
イメージは昔の黄色い汁のカレーが
浮んで来るようですね。でもブログでも
恋のマイアヒとか空耳アワーの歌が
話題になって、本家のモルドバなんて
いう国のバンドのCDがチャートNO1に
なってしまうのをみるに付け、ブログや
メディアでの騒ぎで、表面上何でも
流行ってしまうんやなあと、まあ
アホらしい気もしておりますが。

投稿: ボン 大塚 | 2005/09/04 06:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/5764337

この記事へのトラックバック一覧です: おかあさんのカレー:

» 郵貯に外資が入ってくることは問題か [阿川大樹的小宇宙]
「過疎地の郵便局がなくなる」 「郵貯がハゲタカファンドに奪われる」 というふたつ [続きを読む]

受信: 2005/09/03 20:31

« 怒るド田舎の食料品店 | トップページ | またもや「功利あって合理なし」 »