« マーケな社会 | トップページ | トレンドとスタンダード »

2005/09/26

トレンドとスタンダード 「うまい」話はうまいか

ザ大衆食は、「気どるな、力強くめしをくえ」をスローガンに「快食」を追求している。たぶん感じてもらえると思うが、これは、「うまいもの」追求とは、ちょいとスタンスがちがう。単なる貧乏食安物グルメの探求でもない。

「男子厨房に入ろう会」が70年代後半にできて話題になるぐらい、70年代ぐらいまでは、「男子厨房に入らず」が常識で、おれぐらいの年代だと、男は食べ物のうまいマズイの話しは人前でやらないものだという常識があった。しかし、わずかのあいだに、なぜこうも男がヘラヘラうまいものやうまい店の話を、「得意そう」にやるようになったのか。その「得意そう」にやる軽さが、気になる。そこにどのような真実が転がっているのだろうか。今朝は昨夜買っておいたエビスの黒の缶ビールを飲みセブンイレブンの厚切りハムカツパンを食べ、瞑想と屁をしながら、冷静に考えてみた。

うまいもの好きのおれは、エビスの黒にこだわっている。あなたは知らないだろうが、エビスの黒は世界三大ビールの一つだ。その色、その輝き、そのコク、そのうまみ、どれをとっても一流。エビスの黒は、やっぱり黒の味がする。これを最高の状態で飲むには、やはり恵比寿の名店ウンコベンラーベンがおすすめだ。ここは、グラスの洗い方がちがう。マスターの小便の、しかも最初の1ccで洗うのである。その芳醇な味と香りが黒の味と香りを引き立てる、それは注意深く繊細な者にだけしかわからない。恵比寿はエビスビール発祥の地であり元祖であり、黒生の聖地である。どうだ、まいったか。しかし、生ビールを飲むのに、2千円3千円払う気はしない。やはり5百円以下でないと、生ビールとはいえない。京浜東北線の西川口のラブホ街がとぎれたあたり、ここは、あなたは知らないだろうが、安くてうまいエビスの黒生が飲める聖地なのである。安くてうまい店がウジャウジャある。なかでも三大名店をあげれば、右欲ゲローデン、左馬ヨヨイ、中樽ダメーサだ。そして、ツマミは、なんといてもセブンヤレブンのハムカツサンドが絶品である。セブンヤレブンのハムカツサンドは、本物の本当の味がする。黒生に負けない、ハムのほどよい厚さ。これはセブンヤレブンの仕様発注で、皮無県の黒豚の殺したてを産地でハムにしたものである。そして、そのコロモの揚げ方、どれをとっても本格で元祖の気品にあふれ、そしてそしてそして、世界中探してもこれが最高だろうと思われるブドウ糖や大豆ペプチドやアミノ酸もちろん、カゼインNa、リン酸塩、増粘多糖類、酢酸Na、グリシン、クチナシ色素など、厳選された20数種類の原材料を絶妙に配合した味、これはもう一つ一つが芸術に愛情と人情をまぶせた匠の味である。それが178円で腹いっぱいの量だ。オヤジの顔もナイスだ。すばらしいものは食べ終わったあとの余韻がちがう。わーい、わーい、ばんざーい。おれは知っているぜ、うまいもの安いうまい店を。あんたは、知らんだろう。ああ、おれって、なんていういい趣味をしているんだろう。いい趣味をしているとね、外から見ただけで、よい店かどうかわかっちゃうんだな。

……テナことをね、やってきているのですよ。なぜ、こうなってしまったのかなあと考えると、そもそも食べ物や外食などの話というと、まず戦後は有名な文士や文化人とかの本が多く売れ、そのほとんどは「うまい」話なのである。それはトウゼンのように「フツウのうまさ」ではなく、特別に激しくうまいのだ。人びとは、そういう本の影響を受けている。教師にしろ反面教師にしろ、お手本にしている。

食べる話をしながら、そういう「うまい」話に批判をくわえるようなものは、あるにはあるのだが、一冊の本になっていないのだよ。ま、おれの『大衆食堂の研究』のように、「うまい」話をほとんどしないで一冊を仕上げている例でも、少数派だ。うふふふ、『大衆食堂の研究』では、おれは特別にうまい店だから掲載したわけじゃないし、だいたい「いかがわし度」が基準なのであって、うまいなんてどこにも書いてないのに、その一軒に行って、あんなヒドイおかずを出すところを掲載するなんて非常識だ、ナーンテおっしゃるひともいたね。

ま、そういうわけで、ちょいと著名人が書いたものから、「グルメ」や「うまい」話に批判的なアレコレを取り上げてみようと思った。で、タイトルをつけ、今回の一回目は、田中小実昌さんと野坂昭如さんの対談からのつもりだったが、今日は長くなったので、これでオワリ。忘れなかったら、明日に続く。

|

« マーケな社会 | トップページ | トレンドとスタンダード »

コメント

あははは。あれは、クセになる悪い味のような気がします。あの体に悪そうな美味さを、エビスの黒缶で食べるひと時は、至福というものです。

あのハムカツパンは、たしか10年ぐらい前に登場し、一度姿を消したのでしょう。またあきられて姿消すでしょうが、姿消すと食べたくなる、困ったやつです。

投稿: エンテツ | 2005/09/29 14:24

セブン○レブンにてハムかつパン¥178を購入しました。
製造者はタワーベーカリー@越谷。原料表記等もほぼ同じ。
懐かしの復刻版なるネーム付きでしたのでリクエストがあるん
でしょうかね。体に悪い高脂肪な美味しさでした。

投稿: 宿無し@上尾 | 2005/09/29 14:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/6127618

この記事へのトラックバック一覧です: トレンドとスタンダード 「うまい」話はうまいか:

« マーケな社会 | トップページ | トレンドとスタンダード »