« 「悩ましい」ことを集めた | トップページ | 上流と下流でドタバタ »

2005/10/25

寒さを蹴散らす鍋と汁かけめし

この場合の「鍋」は、調理器具としての「鍋」ではなく、料理としての「鍋」のことだ。

鍋は開放的だ。つまり解放的である。このように「開放」と「解放」を使い分けることは、文学的である。とは、誰もいわないだろう。鍋は文学でも芸術でもない、ようするに生活だ。しかし「開放的」と「解放的」のちがいは、もしかすると文学的つまり芸術的かも知れない。しかし、文学は芸術だろうか? すくなくとも、日本のバヤイはヤバイ。鍋が「開放的」で「解放的」だから、そういう言葉ができたのかも知れないぞ。でも、とにかく、鍋は、うまい。うまけりゃ、よいよい。

一昨日、カレー鍋やりそこないを書いたが、寒くなると鍋がイイ。そして鍋といえば汁かけめしでガツンと食べたくなる。というわけで、鍋と汁かけめしリンク集。といっても、たくさんあるからテキトウに。

うまそ~
「うまけんはこんなもの食べたよ」10月22日は「すき焼き丼 豪華な汁かけ飯」ホントに豪華。
http://blog.livedoor.jp/shirai/archives/50110923.html
塩崎庄左衛門さんの「野菜不足解消鍋」
http://ameblo.jp/todaya/entry-10004835973.html
ほかにも、おれんとこはこんなんだぞ、というのがあったら、コメントなりトラックバックでどうぞ。

検索から、まずは、ごくスタンダードな?
「日本の鍋料理」
http://www.shufu2.jp/season/nabe/
「鍋料理いろいろ」
http://www.hinode-mirin.co.jp/menu/nabe/nabe.html
「あったか冬の鍋料理レシピ集」
http://forum.nifty.com/fcook/special1998/nabe98/nabe9800.htm

この冬はカレー鍋に凝ってみようかな~
「E・recipe 和風カレー鍋」
http://www.e-recipe.org/weekly/0302w2.html
コンソメスープの素+トマト+カレー粉、というベースの鍋は「洋風」ということになるのだろうか? インド風? あとエスニック風とかな。国籍なんか気にするな。

こういうことを知っておいても損じゃないか。ま、権威の言うことを鵜呑みにしてはいけないけど。
「鍋料理の歴史と分類」
http://www.kibun.co.jp/enter/nabe/n-rekisi_bunrui.html

いろいろ食べてますな~ ブログから。
「チャンプ&シュクルのブログ 鍋」
http://athlete-support-site.blog.ocn.ne.jp/champsucreblog/2005/10/post_1b52.html
「おうちでゆっくり キムチチゲ」
http://blog.goo.ne.jp/ake-y-momo/e/30a0194fc6c472fbaa788c4b6c182b57
「まちの日々 初鍋(?)」
http://blog.goo.ne.jp/sora135_2005/e/d9079a1a26e606e908f14515c49ca4d6
「toru-kon DIARY イタリア鍋」
http://blog.goo.ne.jp/jgo1/e/2883cdc1656258d49026dc3e5fc34e48
貧乏鍋だとさ、がんばってくれ営業がたよりだ「ハッスル営業スタッフ日記 寒くなりましたね」
http://d.hatena.ne.jp/k-toso/20051022
ほお~ダブリンであんこう鍋だとさ「ダブリン生活日記 冬の鍋料理」
http://blog.so-net.ne.jp/tomomo109/2005-10-14

そういえば、鍋にもハヤリがありました。モツ鍋がはやったかと思えば豆乳鍋がはやったり、あるいは韓流鍋、はてさてこの冬はなにがはやるのか。ハヤリもいいが、日本人の基本は、味噌鍋か。味噌仕立てには、なにを入れてもよいね。

汁をめしにかけてもよし、汁のなかにめしを入れてもよし。一緒に煮すぎると雑炊になってしまうが、ま、それもよし。汁かけめしと雑炊の料理的なちがいは? そのうち、いつか、ウンチクをたれ糞しよう。

煮込みうどんも、ぶっかけろ!
山本容朗さんは、その編著書『清貧の食卓』に収録の「茗荷うどん」で、「煮ぼと」という煮込うどんをめしにかけて食べた話を書いている。山本さんは、埼玉県北部の出身、「煮ぼと」は、「煮干のだし汁に、鶏肉、油揚、ネギ、大根などの野菜を入れ、最後に打ったばかりのうどんを入れるのだ」「寒い夜など、それを熱いご飯にかけてたべた。「煮ぼと」は、ご飯のおかずでもあったのだ」。
めしとうどんの食事は関西だけじゃない。ほうとうなどの煮込うどんは、野菜やうどんが煮崩れてドロドロになりかけたやつをめしにかけて食べても、うまい!

ぶっかけろ、ぶっかけろ、ぶっかけろ、「ぶっかけ」だあ~
って鍋じゃないがついでに
http://downhome.blog19.fc2.com/blog-entry-95.html

ま、ま、まっ。どーか。

|

« 「悩ましい」ことを集めた | トップページ | 上流と下流でドタバタ »

コメント

非常に半端な時間に仕事が終わったので、久々に赤羽にでも行って昼酒してしまおうかと・・・。スッポン鍋アーンドめし。うふふ。目はなついたらぜひ飲みに行きましょう。

投稿: 塩庄 | 2005/10/25 13:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/6555702

この記事へのトラックバック一覧です: 寒さを蹴散らす鍋と汁かけめし:

« 「悩ましい」ことを集めた | トップページ | 上流と下流でドタバタ »