« 小さな親切大きなお世話 | トップページ | 発作なメシゴト日記と「日本料理」の政争 »

2005/11/12

「天野祐吉のあんころじい」のモンダイ

きのうのコメントに、天野祐吉さんがブログを始めたと「天野祐吉のあんころじい」のセンデンというか紹介がある。
http://blog.so-net.ne.jp/amano/

この「つぶあん」か「こしあん」かのモンダイは、おれはガキのころから悩まされたモンダイで、じつにオモシロイ。

おれは、故郷の新聞「新潟日報」で「食べればしみじみ故郷」を連載していたときに、このモンダイを書いた。題して「田舎しるこ」。
http://homepage2.nifty.com/entetsu/nipporensai_8.htm
--------------------------------------------------------------------------------
43、田舎しるこ(03年1月6日)

  元日の朝は雑煮とあんこもちだった。そのあんこもちのあんに「つぶあん」と「こしあん」があって大問題になると知ったのは小さいころだ。その年の暮れから父と母は喧嘩をしたまま元日の朝を迎え、あんのことでもめ、それぞれ自分好みのあんを作った。
  幸か不幸か、わたしの父は当時の一家の主としては珍しく器用に、いろいろな料理ができた。そしてわたしは親子の義理から、その両方を食べる羽目になった。
  そのとき「つぶ」と「こし」を自覚した。しかし、そこに味のほかに深い意味があったと気づくのは、ずっと後のことである。とにかく、父は「つぶあん派」であり母は「こしあん派」だった。ついに両者は妥協することがなかった。
  上京して驚いた。雑煮やあんこもちが一年中食べられる店があるのだ。その「しるこ屋」に初めて入ってメニューを見てさらに驚いた。驚いたというより、わからない。
  「あんこもち」はなく「しるこ」と「田舎しるこ」がある。店員に聞いた。「しるこ」が「こし」で「田舎しるこ」が「つぶ」である。わたしは「つぶ」を「田舎しるこ」とよぶのを不思議に思った。ま、いまでも不思議なのだが。しるこ屋によってはわんまで違う。
  あるときひらめいた。父は六日町の農家の次男坊、都会の文化とは縁のない育ちだった。母は東京の大学を出た役人の家庭で、都会風の文化で育った。日常の礼儀作法から違った。そこに「つぶ」と「こし」の意地の張り合いの一因があったのは間違いない。
  わたしは両方を食べて育ったので、いいかげんでどうでもよいが好きな人間になった。しかし、しるこ屋には「あんこもち」の味はない。「しるこ」も「田舎しるこ」も、しょせんしるこ屋の味だ。
--------------------------------------------------------------------------------

というぐあいで、ここには詳しく書かなかったが、このモンダイは、わが家においては、じつに深刻だった。はやい話が、父は百姓のこせがれ根っからの田舎者だし、母は都会育ちのそれも慶應大学を出たインテリのむすめ。むかしのことだから、めったに結婚が成り立つはずはないのだが、流れ流れた東京でレンアイしちゃったのだ。恋はヒトを盲目にする。それに田舎者は、都会の上品にあこがれやすい。

簡単にいえば、父は下品な田舎風、母は上品な都会風。生活の作法ことごとくちがう。それがうまくいっているあいだはよいが、いったんこじれると、もう坊主憎けりゃ袈裟まで憎しで、喧嘩がたえなかった。もっとも、憎むのは、だいたい上品なものが下品なものを嫌い憎むのであって、母は父を嫌い憎んでいた。その象徴的なモンダイが、コレなのだ。

しかし、まあ、であるから、おれが10歳のとき一度離婚し、しかし母は結核の身でおれを抱えて自立できず、一年ぐらいしてもとのさやにもどり。しかしまた、おれが20歳のころ、家出するが手術して片肺のみの身体では仕事がつとまらず戻ることになり。それからは死ぬまで一緒だったが。母は59歳で死に、そのあと父はホッとしたのか84歳まで生きた。もちろん、一人暮しになった父は、つぶあんのあんこもちを食べていた。

それはともかく、おれはその両方を食べ吸収しながら育ったので、じつに上品かつ下品な男になったのだ。

|

« 小さな親切大きなお世話 | トップページ | 発作なメシゴト日記と「日本料理」の政争 »

コメント

ま、気楽にやりましょう。
よろしく~

投稿: エンテツ | 2005/11/13 10:59

優しいお言葉ありがとうございます。
ちょっと心が軽くなりました。エンテツさんのブログ面白いです。ずっと悩んでたなんて(笑)
私はこしあんが好きです。でもやはりコンビニにはつぶあんぱんしか置いてなくて・・・
また遊びにきますね。
ありがとうございました。

投稿: いーちゃん | 2005/11/13 00:49

いーちゃんさん、どーも。
こちらこそすみません、言葉たらずで。
私は、べつにセンデンは悪いことだと思っていないのですが。
落ち込まないでください。
おもしろい話を知らせていただき、ありがとうございます。

投稿: エンテツ | 2005/11/12 23:19

宣伝のつもりはなかったんですけど。すみません。天野祐吉さんの事調べてたらここのブログ見つけたんです。それで天野さんのブログを見つけたばっかりで舞い上がっててお知らせしようとしただけなんです。宣伝なんて書かれたら私どうしましょう(悲;)私のせいですみません。かなり落ち込んでしまいました。本当にすみません。

投稿: いーちゃん | 2005/11/12 20:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/7056510

この記事へのトラックバック一覧です: 「天野祐吉のあんころじい」のモンダイ:

« 小さな親切大きなお世話 | トップページ | 発作なメシゴト日記と「日本料理」の政争 »