« 連夜の岡山酒、「池田候」のち「竹林」 | トップページ | マザーウォーター 酒と水の話 »

2005/11/16

「メッシュ」な文化

「メッシュ統計」とよばれるものを、マーケティングの現場で広く活用するようになったのは、80年ごろからという記憶がある。いまではさまざまなプランニングの分野で、かなり広範囲につかわれているし、自分でつかっている意識はなくても、メッシュな見方や考え方は、どんどんフツウになっているような気がする。たとえばピンポイント天気予報などは、メッシュな見方を極端に小さな点に近づけたものだろう。

しかしなんでも、何かを選ぶことは何かを捨てる関係が生じやすい。「メッシュ統計」というのは、地球や国土の表面を緯度と経度のマス目で切ってみるわけだけど、そのメッシュの一つ一つにデータがつまっている。モンダイは、何が気になるかというと、メッシュな見方というのは、ある種のテーマの対象になっているメッシュだけを使うわけだ。たとえば、何か新しいモノを売ろうとする場合、まず大雑把なメッシュ統計で、対象にならない地域ははずされてしまう。それは経済的に、あるいはマーケティング的にそういうことになる。しかし、実際の生活は、空はつながっているし、川もつながっている。道路も鉄道もつながっている。東京などは、東京を包括するメッシュをはるかにこえて、日々の水や食糧などが調達される。

が、ものごとの仕組みは、だんだん自分のメッシュのなかを見ていればよいようになっている。しかも、そのメッシュは、どんどん小さくなり、プランする側も対象の家の中での過ごし方や嗜好まで把握するようになり、そこに心地よいモノや情報をあたえると、対象はより小さいメッシュのなかで、きわめて高い満足を得て、他のメッシュのことなど、まったく考えないし理解する必要はない、交渉などもつ必要がないほどになる。たとえば、自分がいるところ行くところのピンポイント天気予報だけ見て、全体の天気図など理解する必要はない。

ひとの多いメッシュほど、そのような政治や経済やマーケティングのプランの対象になる。また近頃のプランは遠くにばらついているひとまで、テーマによってある地域のメッシュに集中させる方法がとられている。悪い言葉でいえば、プランする側の都合のよいメッシュに、人びとは運び込まれ押し込まれ効率よく処理される。学校・予備校や病院・医院など、あるいは大規模小売施設とか。

そのとき、捨てられたメッシュは、いらないかというと、そうではない。やはり全体として成り立っている生活が、かなりあるのだ。それは水のモンダイを考えると、イチバンわかりやすいと思う。しかし、とくに大都会の人びとは、自分のメッシュのなかでの健康や安全しか見ないし考えないし、またそうであるからマスコミなどの情報のあたえかたも、それに即したものになる。ある特定なコトやモノについて、ものすごく細かく知り気にする一方で、基本的な大きなことに無関心である、大きなメッシュを考えられない、というような状態が生まれる。そして、あるとき食べ物に対する小さな細かい不安が、一気にエコロジーというアイマイな正しそうな主張に飛躍する。そこでは、なかなかリーズナブルな見方や政策が生まれない。不安や感情だけが、もつれていく。

そういうわけで、タイトな考え方や方法がフツウになり、いっぽうで捨てられ排除されるものがふえる。不寛容なメッシュが、どんどん増殖する。

ま、どうでもよいことだけど、なんとなく、そんなことを思ったのです。

『マザーウォーター 酒と水の話』(酒文化研究所編、紀伊国屋書店)に、石川次郎さんと近藤サトさんの対談があって、近藤サトさんが、こんなことを言っている。「今の時代は、酒に溺れるとカッコ良くないどころか信用を失うと思うんです。それくらい社会はスマートじゃないものにたいして不寛容になってきていると思う。」

総務省統計局 地域メッシュ統計
http://www.stat.go.jp/data/mesh/

メッシュ天気予報
http://weather.cafesta.com/

基準地域メッシュ
http://www.biodic.go.jp/kiso/col_mesh.html

|

« 連夜の岡山酒、「池田候」のち「竹林」 | トップページ | マザーウォーター 酒と水の話 »

コメント

不寛容だから極端になるのか
極端だから不寛容になるのか

どのみちアタシはスマートとは縁がないし
酒に溺れるのも女に溺れるのも
ええなあ
金にも溺れてみたいけど

はあ昨夜は泥酔のまま着替えないで寝てしもた
いい寝覚め

塩庄さん
>がぶがぶ酒飲んで、金儲けの話でもしましょう。
やりましょう、やりましょう。
連絡します。

投稿: エンテツ | 2005/11/17 07:34

近藤さんていいこと言うなぁ〜

んでも、冷静に考えて酒におぼれてる輩に寛容な社会ってのもどうかと思うが...

んで、相変わらず今日も酒に溺れてるおいら...げへへ

投稿: 吸う | 2005/11/17 02:31

エンテツさん、こんにちは。
不寛容ってのは、極端になってるってことですよね。
なんとなくわかるな、優しく掬いとるってことはなくなってきましたよね。
俺は酔っぱらいだけどこんな事できるもーん、なんて、口が裂けても人様の前は勿論、ブログでも言っちゃいけないのね。ぐすん、あたし悲しいわ・・・・。なんて馬鹿な事いいながら、がぶがぶ酒飲んで、金儲けの話でもしましょう。ぐふふ。

投稿: 塩庄 | 2005/11/16 19:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/7140392

この記事へのトラックバック一覧です: 「メッシュ」な文化:

« 連夜の岡山酒、「池田候」のち「竹林」 | トップページ | マザーウォーター 酒と水の話 »