« 発作なメシゴト日記と「日本料理」の政争 | トップページ | 連夜の岡山酒、「池田候」のち「竹林」 »

2005/11/14

「酒とつまみ」と古本と太田尻家

きのうは「酒とつまみ」に南陀楼綾繁さんが連載の「古本屋発、居酒屋行き」の取材に付き合うため経堂へ。朝食にパンと酒だけだったので、腹がすき経堂駅前のケンタッキーで1ピースとポテトフライ、駅売店で缶ビールを買って、改札口の前に立って飲み食いしていると、今回のメンバーが揃った。ゲストは荻原魚雷さん。それに来京中の大阪の「貸本喫茶ちょうちょぼっこ」の次田さんと、友人の田中さん、という顔ぶれ。酒つまの大竹編集長は、居酒屋タイムにあわせて来るようだ。

おれも酒飲み要員なのだが、いかに古本に関心ない男がいるかを綾繁さんが書けるように、毎回古本屋からつきあっている。しかし、今回は、チョイと探している本があったので、けっこうマジメに書棚を見ていた。

まずは経堂駅南側の農大通り遠藤書店の支店と、その近くの大河堂?書店、そして駅北側すずらん通りの遠藤書店本店。

おれが探している本といっても、タイトルや著者がはっきりしているものではなく、酒というか「飲酒」についての原稿を書く宿題が出されていて、アタマのなかでチカチカしているものをまとめたいのだが言葉にならない、という状態において探している本なのだ。そして、やはり、そういう本は、あまりないらしいのを確認できた。それはオモシロイことだが、困ったことである、自分でイロイロ考えなくてはならない。しかし、「食うこと」に関する本はたくさんあるのに、「飲むこと」に関する本はガイド本のほかは意外にすくない。酒飲みは、本じゃ酔えないからなあ。

ま、いいかというかんじで、イヨイヨ居酒屋へ。経堂で居酒屋といえば、ザ大衆食のサイトに紹介の「太田尻家」だ。ここでは「酒とつまみ」も販売しているのだし。7時開店で、まだ開店準備中の5時チョイすぎに入れてもらう。まずはビールで乾杯し、みなが買った古本を見せ合いアレコレわいわい、綾繁さんは記事のためメモする。みなが、この三軒の古本屋はとてもよいという。おれはよくわからんから、はあそうかと思う。荻原魚雷さんの収穫物のなかに『囲碁の美学』があり興味がそそられた。囲碁は一時メチャクチャ好きになったことがある。それに、このタイトルにピンとくるものがあった。「喫煙の美学」もあるはずだし「飲酒の美学」もあるはずだよなあ。

あとは、とにかく、飲んだ、食べた。味も好評だった。太田尻家も満員盛況だった。そうそう大竹さんは、ちゃんと、太田尻家で飲み始めたころにあらわれた。でも、ちゃんと、遠藤書店で古本を買ってきた。飲み始めたころ、病み上がりだという荻原さんが、ウコンのクスリのようなキャンデーのようなものを取り出し、これを飲んでから飲むと悪酔いしないという、そこから話しは、悪酔いを防ぐになにが効くか、二日酔いにはなにが効くかということで盛り上がる。イチバン効くのはナントカだと、経験豊かな大竹さんがいう。やはり、かなり詳しい。しかし、そういうクスリもばかにならない値段だ。おれなら悪酔いしてもよいから、クスリに金をつかわずに酒代にするなあ。

しかし、そもそも、そんなに飲まなきゃいいのだが、やはり飲み出せば「浴びるほど飲む」ひとが多いのだ。だから、コンビニには、そのテのクスリがたくさん並んでいる。そうなのだ、そうなのだ、これだよコレダヨ、と、探していた本はみつからなかったが、ヒラメクものがあって、アタマのなかがチカチカしているうちに、どんどん酔いがまわり、なにも覚えていない状態に。

次田さんと田中さんは、そういう話でぐわーっと盛り上がっている最中に、次田さんが新幹線に乗って帰阪する時間であるとかでバタバタと帰り、そして、書肆アクセスの畠中さんが現れ、そのころには、もうとにかく岡山の酒、池田候のおかわりを重ねて、鼻中さんの顔のピントもあわない状態であった。

「酒とつまみ」の次号8号に、この記事はのるのだが、発行は年内校了で来年1月をめざしている、と、大竹編集長はいっていたが、誰も本気にしてないようだった。

ま、そういうことだったように思う。

「経堂系ドットコム」の遠藤書店
http://www.kyodo-kei.com/endo01.html

当サイトの太田尻家
http://homepage2.nifty.com/entetsu/sin/ootajirike.htm

大田尻家のホームページ
http://www.ne.jp/asahi/ootajiri/ke/index.htm

酒とつまみホームページ
http://www.saketsuma.com/index.html

南陀楼綾繁さんのブログ「ナンダロウアヤシゲな日々」
http://d.hatena.ne.jp/kawasusu/

貸本喫茶ちょうちょぼっこ
http://www.nk.rim.or.jp/~apricot/chochobocko.html

「まちあそび・みみすまし」貸本喫茶ちょうちょぼっこ 次田史季さん
http://machiasobi.ameblo.jp/entry-029cefa43e4d410ec10fa2dfb1e86094.html

書肆アクセスのページ
http://www.bekkoame.ne.jp/~much/access/shop/index.htm

荻原魚雷
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%b2%ae%b8%b6%b5%fb%cd%eb

|

« 発作なメシゴト日記と「日本料理」の政争 | トップページ | 連夜の岡山酒、「池田候」のち「竹林」 »

コメント

そういうクスリ知っているけど、教えてあげない。

投稿: エンテツ | 2005/11/15 11:47

うい〜!
呑んでも呑んでも銭が減らねえクスリは無いのだらうか?

投稿: 吸う | 2005/11/15 01:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/7101348

この記事へのトラックバック一覧です: 「酒とつまみ」と古本と太田尻家:

» 囲碁とSkype(スカイプ) [ネット社会、その光と闇を追うー]
◆『論語』や『史記』にその名が見え、正倉院に碁盤が収められて [続きを読む]

受信: 2005/11/23 17:46

« 発作なメシゴト日記と「日本料理」の政争 | トップページ | 連夜の岡山酒、「池田候」のち「竹林」 »