« こんなに違う増税報道 | トップページ | おれは「暴走ジジイ」だ! »

2005/12/16

連載開始「食品商業」そして「韓国広場」サナギのココロ

syokunin_syogyou1(写真はクリック地獄で拡大)

以前お知らせしたように、今月15日発売の月刊『食品商業』(商業界)1月号から、連載が始まった。「食のこころ こころの食」という通しタイトルのもと、毎号編集部からテーマをいただき、3人が書く。初回は、生産者の執筆者が決まるのが遅れ、おれと清水信次さんで書くことになった。

清水信次(しみずのぶつぐ)さんは、1月号に掲載のプロフィールからそのまま引用すると、「1926年4月三重県津市生まれ。43年12月、大阪貿易学校卒業。45年9月、清水商店設立。56年9月、㈱ライフコーポレーション設立、代表取締役社長に就任。88年、代表取締役会長兼社長に就任。99年7月、日本スーパーマーケット協会初代会長に就任(現任)」という方だ。個性的、アグレッシブな経営者が多いスーパー業界でも、清水さんは、とりわけ個性的でアグレッシブな方だ。60過ぎのおれも小僧みたいなものさ。このような方と一緒に書けるなんて、オソロシイというか、光栄というか。

届いた掲載誌をあけると、最初のほうに、オオッ、なんとまあ、写真のごとくドカーンの扉で登場。第1回のテーマは、「「食の豊かさ」ってなんですか」だ。おれと清水さんが、それぞれ見開き2ページとつかって書いている。なかなか読み応えがあるよ。

ところで、この写真の右ページはグラビアで、「流通革命者を偲ぶ23人のメッセージ」というタイトルで、去る11月20日の「中内功氏を偲ぶ会」の記事が載っている。中内さんは、まさに「流通革命者」らしいシゴトをした。そして、先を走るものは、とかく不運悲運にみまわれやすいが、中内さんも例外ではなく、晩年はさみしかった。中内さんの経営者としての責任モンダイはあったにせよ、日本の財界独特の商業蔑視(士農工商)の思想が、中内さんの晩年をさらに不幸に追い込んだと、おれは思っている。中内さんは最後は私財を投げうって、自らの責任をとった。トウゼンとはいえ、それにくらべ不良債権山積みで国民にまで迷惑をかけた銀行やゼネコンなどの幹部は、どうだったであろうか。その連中は、まだ生き残りのさばっている。

で、だね、その右ページの上に缶詰がのってますね。韓国語で書かれたの。これは韓国の缶詰で、きのう、というか、正確には今日の午前1時ごろ、歌舞伎町の「韓国広場」にいて、そこで買ったのさ。チョイとわかりにくいかも知れないが、これは、「さなぎの缶詰」。うへへへ、かいこのサナギの醤油煮だね。うへへへ、このパッケージの写真を見ちゃったら、食べるに勇気がいりそうだが、イチオウ食べるつもりで買ってきた。

であるからだよ、午前1時に歌舞伎町にいたということは、もう電車がない時間だからな。なぜ、そうなったかというと、新大久保で韓国料理を食べるというので、下北沢を10時近くに出て、新大久保のその店に着いたのが、もう10時半だもんね。もうそれから、きのうは、えーと、太田尻家と野崎家とイナガキさんで、この店はイナガキさんオススメなのだが、もうガンガン食べたね。いやあ、飲んだことは飲んだけど、力強くガンガン食べた。やはり、これぐらいの人数だと、イロイロ食べられて安上がりだからね。はあ、そして、それから「韓国広場」へ行った。ウワサには聞いていたけど、この韓国広場のスーパーはすごい!大きい売場に、生鮮のごまの葉まであって、ようするに韓国食材がドカーンとある、酒もある。見ていて飽きない。たまげた。また行きたい。

んで、太田尻家に泊まって、今朝小田急線祖師谷駅からトコトコ帰ってきたのだが、ずいぶん旅行した気分だ。

韓国広場
http://www.kankokuhiroba.co.jp/

|

« こんなに違う増税報道 | トップページ | おれは「暴走ジジイ」だ! »

コメント

サナギの缶詰、手には取るのだけど、なかなか食べる決心がつかない。

ほかに酒のツマミがなくなると食べるのだろうけど……はて。

投稿: エンテツ | 2006/02/15 11:24

コメント、ありがとうございました。
ところで、サナギの缶詰めは、いつ食べるのでしょう?感想聞きたいなぁ

投稿: Johannes(ヨハネ) | 2006/02/14 19:46

誰の子かなぁ、って、いいなあ
ヘルスで取材中に仕込んでしまいましたとか
いっそのこと処女懐胎とホラをふき

はあ、まあつぎつぎとオメデタをやって
いいですなあ
上海亭なんか日記でノロケ
おれも……なんとか……もう、ならん……か
そこんとこを、なんとか

投稿: エンテツ | 2005/12/22 09:28

誰の子でしょうかなぁ。
お腹のコの遺伝子のみぞ知る、ですねえ。

「誰の子かなぁ、なんていうのも、いいかもしれませんねえ」
今日保健婦さんの家庭訪問だったのですが、
なにやらそんな話になりましたわ。
不安や疑問相談のハズが、
妊婦&母乳ヘルスやら、夜這いの話やらに。
はてはて。

さなぎ(!)い、一匹いただきます。
そーいや、近頃ぷあん宴仲間のドトーのメデタイ続きで。

投稿: あっこ | 2005/12/20 21:54

げげげ、しばらくご無沙汰のうちに、
腹が大きくなっていたって、
そりゃ妊娠のことかい。
あら不思議って、
あれれれ、まままさか、
おれの子じゃないよな。
ててて、てことは、ててて、亭主の子か。

ぐははは、そりゃ、めでてえなあ。
あっことよしばんのガキかあ。
こりゃ、めでてえぜ。
新年会、やろうぜ。
妊娠祝に、さなぎの缶詰をあげよう。

投稿: エンテツ | 2005/12/17 08:57

エンテツ様、おひさしゅうぶりゅうでございます。
秋眠していたあっこでございます。
目覚めたら、あら不思議、腹が大きくなっておりました。
韓国広場、グルグルまわってしまいますなあ。
日本のゴハンとの微妙な違いを楽しめる場所。
サナギの御感想、教えて下さいませ。
でもって、新年会はやりたいなあ。

投稿: あっこ | 2005/12/16 17:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/7649177

この記事へのトラックバック一覧です: 連載開始「食品商業」そして「韓国広場」サナギのココロ:

» アニョンハセヨ [goo goo g'joobな散文日記]
                   2月11日(日)"冬のサナカ”                      日曜日、韓国広場へ行った!       ハングル語が飛び交い、ハングルの看板だらけだ、、、 スゴハセヨ~、チョギヨ~、ナヌン チゲ モッ... [続きを読む]

受信: 2006/02/14 15:12

« こんなに違う増税報道 | トップページ | おれは「暴走ジジイ」だ! »