« 細木発言問題:フジテレビ「事実誤認」と謝罪 養鶏協会に | トップページ | 酒粕と粕汁 »

2005/12/13

高千代酒造へ

051212_takatiyo12日早朝から、故郷の新潟県南魚沼市の高千代酒造を取材のため、11日に出かける。「談」編集長の佐藤真さん、編集者の斎藤夕子さん、カメラマンの武井メグミさん。斎藤さんと武井さんは、日本酒好きのオンナ。ほんと、すごい呑む。

越後湯沢に着いたら、雪が降っている。ときどき吹雪く、かなり積もりそうな雪だ。乗り換えの上越線は遅れがでていた。

宿泊は六日町町内の温泉旅館だが、民宿のような商人宿のような越前屋。朝食付一泊で頼み、夕飯はいつもの万盛庵へ。いやははははは、飲んだ飲んだ。地元の酒、高千代、八海山にはじまり、万盛庵のセガレもトウチャンも加わって、はて、何種類の酒を飲んだか。

翌朝、小ぶりになっているが、まだ雪は降っていた。一晩で数十センチは積もったかんじ。8時半に越前屋を出て、タクシーで高千代へ。

写真は、ビデオからおとした、クリック地獄してちょうだい。高千代の酒蔵の前から社長宅を撮ったのだが、最近の屋根は、雪が積もらないで、すべり落ちるようになっている。積雪は50センチぐらいだろう。これからどんどん降って、3メートルぐらいになる。雪が降って、スキー客が来ると、酒も売れる。雪は、酒づくり欠かせない豊富な水をもたらし、そして酒を買う客を呼ぶ。

いま酒蔵は仕込みの最中で、もっとも忙しい。ふつうはなかなか入れないのだが、今回は高千代さんのご好意で、仕込み中の様子をじっくり見させてもらった。やはり、実際を見ながら説明を聞くと、よくわかるね。高千代の考え方も、よくわかったし。いい記事を書けそうだ。

帰り、きのう、ほかのメンバーは一足先に帰京、おれはまた万盛庵へ行き、クボシュンや万盛庵のオヤジと飲んでから帰宅。

って、ことで、とりあえず、そういうこと。

|

« 細木発言問題:フジテレビ「事実誤認」と謝罪 養鶏協会に | トップページ | 酒粕と粕汁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/7597726

この記事へのトラックバック一覧です: 高千代酒造へ:

« 細木発言問題:フジテレビ「事実誤認」と謝罪 養鶏協会に | トップページ | 酒粕と粕汁 »