« 原生生物・微生物幻想へ | トップページ | さらにロクデモナイ年へ »

2005/12/29

酒造りの古本

たまった郵便物をあけていたら、なかに松屋浅草 第9回古本まつりのカタログが。ぱらぱら見ていたら、気になる酒造り関係の古本が。

辛口甘口清酒醸造法   大内諒著   明文堂 大正13年
清酒と活性炭   帝國酒醤油新報社 昭和10年
実践 酒造人工必携   日本醸造協社 昭和5年
酒造全書    芝田喜三代著   財務出版 昭和33年
清酒の白ボケについて―白ボケの成因とその対策   蚕白濁研究会 昭和37年

気になるのは、これぐらいかな。全部買うと1万3千円ぐらいか。
うーむ、読まなくても原稿は書けると思うから……買うのやめて、飲んだほうがよいか。

|

« 原生生物・微生物幻想へ | トップページ | さらにロクデモナイ年へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/7893202

この記事へのトラックバック一覧です: 酒造りの古本:

« 原生生物・微生物幻想へ | トップページ | さらにロクデモナイ年へ »