« 嗜好と食育と「健康教」「栄養教」 | トップページ | 原生生物・微生物幻想へ »

2005/12/28

イナゴ幻想

新年は、4日からの営業です。

那須温泉に行ってきた。那須温泉へは、ここ埼玉県の浦和からだと、東京の人が箱根・熱海・湯河原へ行く感覚で行ける。乗り換え時間をのぞくと、2時間かからないで着いちゃうのだ。しかも、気どった東京人のみなさまが利用する箱根・熱海・湯河原と比べると、安い宿がたくさんある。つまりグレード落ちるのですな。たしかに、おれのお仲間ねとアンシンできる、貧乏そうな人たちばかりで、しかも金のなさそうな、都心には住めなさそうな、小耳に挟んだところでは、那須温泉は東京郊外にしか住めない若いカップルが行くところなのだそうで、それらしい連中がけっこういた。しかし、温泉は、いいのだよ。

とにかく、それじゃっ、と近所の銭湯へ行くような気楽さで行ける。とはいえ、余計なカネはつかいたくないし、とくに宿のマズイ酒に高い金をとられるのは、断固いやだから、那須温泉のバス終点近くの酒屋で地酒を買うことにした。

ちかごろ、どこでも、720ml純米酒系が、揃っているのだが、その酒屋もそうだった。ざっとみて、吟醸系は候補からはずし、純米酒3種にしぼったが、どれにするか迷う。そばで棚の整理をしていたオヤジに、オススメを聞いた。その答え方で、オススメを選ぶか、その反対を選ぶか決める、意地悪い腹なのだ。

すると、このオヤジが、「みなさん土産に買うので「那須」の文字がついたのを買って行きますが、わたしはこの酒が好きだ」と、栃木ナマリか那須ナマリで言う。なるほど、そうか、その答えが気に入って、オヤジのオススメにしたがうことにした。オヤジが指差した、ラベルに那須の文字がない一本を買って、宿。

粉雪が舞う露天風呂に、ゆっくり入って。温泉にウルサイひとのためにいえば、ここはかけ流し、近くの有名な源泉「鹿の湯」から引いた湯をそのまま流している湯だ。ま、それでね、さあ、料理が出てきたぞ。どうせ安いのだから、大きな期待をしてはいけない。

それでも品数だけはある。皿の数で勝負する伝統日本料理だ。と、よく見ると、よく見ると、おおおおおおっ、なんと前菜にあたる、よくありますね、チビッとづつ三種の盛り合わせ。その真ん中、よく見るも見ないも、その姿のままのイナゴの佃煮なのだ。いやあ、はあ、これはいったい、どういうココロなのか。

inagoま、とにかく、格式ある伝統日本料理、それも板前が自分の腕をごらんなさいましと、まず酒のツマミに出す前菜に、ご登場というのだから、イナゴの佃煮もキレイな器に盛られ大出世というわけか。そういえば、イナゴの佃煮など、めったにくえるものじゃないからなあ、山の温泉のゴチソウなのか。それとも、伝統日本料理も、イナゴへの偏見をあらためようというのか。いや、イナゴの佃煮ぐらいで、いちいちこのようなことを気にするおれが、いちばん偏見にとらわれているということになるのか。……と、これで、まず買ったばかりの地酒を一杯。うめええええええ・・・・・イナゴじゃなく、酒ね。

ま、このイナゴのウマソウな野生の姿そのままを写真でご覧下さい。クリック地獄で拡大。もちろん、ちゃんと全部食べました。昆虫食は、すばらしい。

|

« 嗜好と食育と「健康教」「栄養教」 | トップページ | 原生生物・微生物幻想へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/7881065

この記事へのトラックバック一覧です: イナゴ幻想:

« 嗜好と食育と「健康教」「栄養教」 | トップページ | 原生生物・微生物幻想へ »