« 東京農大で小泉武夫さん | トップページ | 未成年者飲酒禁止の歴史そして柳田國男 »

2006/01/11

お茶づけ海苔 永谷園創業者死去

報道によると、永谷園創業者の永谷嘉男氏が、昨年12月28日に死去されていたそうだ。82歳、意外に若かったのだなあという印象を持った。というのも、永谷園の「お茶漬け海苔」といえば、高校生のころから、ときどきやっかいになって、ま、いまでもときどき買い置きしておくのだが、むかしからの古いツキアイだからねえ。

創業者が生きておられたのにもオドロイタが。ってことは、お茶づけ海苔の発売が、1952年のことだそうだから、創業者が29歳のときということになるか。お茶づけ海苔は、当時としては先進の乾燥技術をつかった、インスタント食品のハシリだったのだし、創業者は、まさに若いベンチャーだったのだな。

永谷園のお茶漬け海苔は、歌舞伎絵の包装の高級品だった。高校生のとき、丸美屋の「のりたま」が発売になって、こちらは普及品というかんじの割安感があった。どちらもやっかいになっていたが、のりたまのほうは、オトナになってからは、あまり食べた記憶がない。

|

« 東京農大で小泉武夫さん | トップページ | 未成年者飲酒禁止の歴史そして柳田國男 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/8117336

この記事へのトラックバック一覧です: お茶づけ海苔 永谷園創業者死去:

« 東京農大で小泉武夫さん | トップページ | 未成年者飲酒禁止の歴史そして柳田國男 »