« 食品商業3月号、家事労働、炊事、女と男 | トップページ | 中高生の食欲 »

2006/02/17

ふつうのひともおかしくする不安煽りビジネス

もらった年賀状に「フツーの生活が難しくなってきているような気がする」とあった。まあ、テレビなんぞ見ていたらそうだろうなあ、と思う。うちにはテレビがないから、たまによそで見ると、殺人事件など、何度も同じ場面をくりかえし、1回の殺人だが、数十分ごとに殺人が起きているかのような報道ぶり。

これじゃあ、病気じゃない人間まで、病気にされちゃうよ。だいたいね、いまの日本人の食事は、ダメなんだってさ。

「糖尿病は、予備軍を合わせると全人口の約1割に当たる1620万人にも達し、男性は30~60代の約3割が肥満といわれ、20年前と比べると1.5倍にも増加した」とかいって、これで、なぜか、だから、食育基本法であり、役人どもがつくった「食事バランスガイド」になっちゃうんだよね。それを税金でつくってだよ、ばらまいて、これが「食育」だ。

かりにだよ、「糖尿病は、予備軍を合わせると全人口の約1割に当たる1620万人にも達し」だとして、それがなぜ政府が「食事バランスガイド」をつくってまくことになるのよ。そんなのが政策なのか?本気に解決する気があるなら、その予備軍に、まず対策をこうじるべきじゃないのか。ははん、本気に解決する気はないのね。

そもそも、ほかの9割は、どうなのだ。全人口の1割のために、9割の人までダメな食生活を送っているロクデナシで、政府の「食事バランスガイド」に従わなくてはいけないドアホウだとでもいうのか。

「男性は30~60代の約3割が肥満といわれ、20年前と比べると1.5倍にも増加した」なんて、これは根拠のない脅迫じゃないか。ははん、それがわかっていて、「といわれ」などと語尾で逃げているのだな。肥満の根拠なんか、アイマイだよ、数値だって変わっているし。大きなお世話なんだよ。デブ蔑視じゃないのかなあ、と思われても仕方ないね。

「「食育」はただ「食」をテーマにしたものではなく、環境、生活、医療のさまざまな問題を解決できる重要なテーマになっていることに、多くの人たちに気づいてもらいたい」だってさ。

そんな、これだけで、さまざまな問題を解決できるなんて、神様~、ものごと問題や世間の人びとをなめているんじゃないのか。こういう煽りは、ますます食育の品位を汚し信用を失わせるね。

政策を論じるものは、もっと具体的でなくていけないだろう。いっぱひとからげに、なんにでも効くなんていうクスリは、ウソになるよ、誰も信用しないよ。

あああああああ、暴発しそうだ。もうしているか?

育てる育むことが苦手。欠点欠陥があると、それをあげつらね、育てる育むことを追求しない。結果、壊れる。壊れても、そんなのいらないよ、おれにはこっちがあるよ、こっちがいいもんね。 これは日本人の性癖なのか、いまの日本の市場で生きる人たちの性癖なのか。

こうしてたどりついたのが、食育基本法なのだった。これでは食育は、単なる不安煽りビジネスに頽廃するだろう。

ふつうの生活をしている大部分のみなさん、あなたはふつうです、不安を煽られて動揺することはありません、あなたのいまのこれまでのその生活を愛し大事に育てましょう。

そうそう、そういえば、最近のニュースで、農産品の輸出が大幅に増加したとあったが、それは「地産地消」の推進と矛盾しているのではないかい農水省。んで、農産品の輸出が順調に伸び続ければ、「地産地消」なんて捨てられるのでしょうね。

念のためですが、もちろん、アメリカ産の牛肉の輸入は、食育基本法と矛盾するから、ゼッタイありえないでしょうね。いやははははは、そんなこと、わかってますよ、どうぞ輸入してください。整合性のない政策に、煽られついていくことに、 われわれ日本国民は慣れっこになっていますから。

もちろんおれは、前から主張しているように食育基本法には反対だったし、アメリカ産の牛肉にいたっては、輸入禁止措置そのものがナンセンスという立場でしたが、政策は、そのように整合性を持たなくては、税金にたかる目先の欲を混ぜ合わせただけのものになってしまう。って、頭のよい官僚は、わかってやっていることですね。ま、これをビジネスチャンスにしている人たちも承知のことでしょう。

ここでグタグタ言っても仕方ない、酒でも飲みましょう。

|

« 食品商業3月号、家事労働、炊事、女と男 | トップページ | 中高生の食欲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/8706535

この記事へのトラックバック一覧です: ふつうのひともおかしくする不安煽りビジネス:

» 「食の産業部会」が初会合を開催 [L-Care育児・子育て情報]
日本経団連の産業問題委員会(岡村正委員長、齋藤宏共同委員長)はこのほど、食に係わる産業の振興を目的に食の産業部会を新設し、東京・大手町の経団連会館において7日、第1回会合を開催した。会合では、部会長に就任した西野伊史・アサヒビール常務取締役のあいさつ後、内閣府食育推進室の持永秀毅参事官から政府の食育推進活動について説明を聴取、意見交換を行った。 説明の中で持永参事官は、食への正しい知識と問題意識が必要との観点から、2005年6月に食育基本法が成立したと紹介。背景にある児童の朝食欠食や中高年を中... [続きを読む]

受信: 2006/02/18 00:13

» おとなの食育Q&A100 [食育など]
食事情が目まぐるしく変わる今「何をどう選んでどう食べるか」が、いっそう難しくなってきています。そんないまどきの食生活のキホンやギモン、また表示の読みこなしなどを「○×クイズ」でチェックしてみませんか。 [続きを読む]

受信: 2006/02/18 16:29

« 食品商業3月号、家事労働、炊事、女と男 | トップページ | 中高生の食欲 »